米国務長官が中国のインフラ投資と南シナ海問題を痛烈批判 インドと関係強化し対抗する考え

 

ティラーソン米国務長官はこのほど、ワシントンの「戦略国際問題研究所(CSIS)」で講演し、アジアで経済的・軍事的に覇権を拡大する中国を痛烈に批判しました。

 

この講演は、18日からの中国共産党党大会の開幕と同時に行われました。トランプ政権はこれまで、北朝鮮の核・ミサイル問題の解決を最優先課題として中国との連携を重視してきました。しかしトランプ氏が中国の習近平・国家主席に、「アメリカ単独で北朝鮮を制裁する準備ができている」と伝えるなど、この流れは変わりつつあります。

 

2ページ目から全文をお読みいただけます

 

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language