国際UFO会議に詰めかける人々 本当は「UFOの真実が知りたい!」【UFO後進国日本の目を覚まそう!】

 

UFO後進国

9月下旬にイギリスのウェスト・ヨークシャーで、毎年恒例の「国際UFO会議」が開催され、著名な研究家の講演に注目が集まった。

 

講演者の1人であった元英国空軍カメラマンのデヴィッド・クレイトン氏は、英国軍情報部「MI5」が、UFO研究の信頼性を貶め、事態を混乱させる偽の資金提供を行ったり、偽のクロップ・サークル(ミステリー・サークル)をつくらせていたと述べた(9月22日付英エクスプレス紙)。

 

1990年代から脚光を浴びた多くのクロップサークルは、偽物だったことがわかっているが、その中には、説明のつかないものもあり、UFOが飛び立った跡にクロップサークルが残された現場を目撃した人も多いという。

 

会議の主催者であり、UFO研究者のゲイリー・ヘーゼルタイン氏も、イギリス当局が、そうした説明のつかないUFO事件を、国民に知られないようにするための「用意周到な政策」を持っていると語っている。つまり、政府側に明かせない事情があるというのだ。

 

さらに、世界中で精力的に講演しているカナダのUFO研究家、スタントン・フリードマン氏も、ゲストスピーカーの1人として注目された。彼は、民間で初めてロズウェル事件を研究し、地球外生命体のUFOの墜落であると、最初に結論付けた勇気ある研究者でもある。

 

彼はもともと核物理学者で、核分裂、核融合ロケットなど宇宙関連の仕事をしていたが、そこからUFO関連の情報を得てUFO研究者へ転身した。アメリカやカナダなどの大学での講演、メディアの番組出演などを果たし、この世界のパイオニア的存在だ。

 

 

有名なアブダクション事件の映画化決定

ちなみに、彼の著書『Captured! The Betty and Barney Hill UFO Experience』は、アメリカ最初のエイリアン・アブダクション事件といわれる、1961年のヒル夫妻アブダクションの研究に関する本である。この有名な事件が長らく映画化されてこなかったのだが、今月ついに映画化が決定したと映画専門サイト「MOVIE PILOT」で紹介されている。エイリアン・アブダクションは、今後ますます注目されそうである。

 

元軍人や、元政府関係者、科学者などが定期的に最新の情報を報告し合うUFO会議は世界中で行われており、多くの聴衆が詰めかける。今回もはるばるノルウェーから参加した人もいた。多くの人々がUFOの真実を知りたいと思っているためであろう。

 

学問では異端視されるUFO学であるが、多くの目撃者があり、説明のつかない謎もある限り、日本の学者は、UFO問題を研究対象として正面から向き合うべきである。(純)

 

【関連記事】

2015年11月号記事 検証:地球に来ている宇宙人 / 目を覚ませ! UFO後進国ニッポン スター・ウォーズは「事実」だった?

http://the-liberty.com/article.php?item_id=10206

 

2015年9月28日付本欄 映画スター・ウォーズは「神話」だからヒットした【前編】

http://the-liberty.com/article.php?item_id=10245

 

2015年10月2日付本欄 映画スター・ウォーズは「神話」だからヒットした【後編】

http://the-liberty.com/article.php?item_id=10259

 

2015年9月28日付本欄 映画「UFO学園の秘密」米ロスでワールドプレミア上映 感動の声!

http://the-liberty.com/article.php?item_id=10246

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language