rss

タグ「雇用」の記事一覧

  • 幸福実現党の覚悟

    2016.05.30
    幸福実現党の覚悟

      2016年7月号記事   幸福実現党の覚悟   2009年に立党した幸福実現党。 自民党と同じ保守政党と言われるが大きな違いがある。 立党の精神から、それを見ていこう。 (編集部 河本晴恵)   contents ...

  • 自民党が「同一労働同一賃金」中間提言案 善意からも全体主義が生まれる

    2016.04.10
    自民党が「同一労働同一賃金」中間提言案 善意からも全体主義が生まれる

      自民党は8日、「同一労働同一賃金」の実現に向け、政府に提出する中間提言案を明らかにした。   提言案には、正規・非正規を同じ賃金にするためのガイドラインの作成や法整備、最低賃金を全国平均で時給1000円に引き上げることなどが盛り込まれた。   最終的な目標は、「非正規社員の賃金を、正規社員の7~9割に引き上げること」。...

  • 「親日移民」が日本を救う - 幸福実現党の設計図2025

    2015.08.29
    「親日移民」が日本を救う - 幸福実現党の設計図2025

      2015年10月号記事   幸福実現等の設計図2025   IMMIGRATION   「親日移民」が日本を救う   日本は間もなく「超高齢化社会」に突入します。少子高齢化が社会問題になって久しいですが、政府は有効な手を打てていません。これに対し、幸福実現党は&quo...

  • 幸福実現党 財務局長 大門未来の未来思考- 第二回

    2012.11.24
    幸福実現党 財務局長 大門未来の未来思考- 第二回

      2013年1月号記事   第二回 幸福実現党 財務局長 大門未来の 未来思考 「世界のリーダー日本」を目指して   幸福実現党財務局長 大門未来 (おおかど・みき)幸福実現党財務局長。1985年生まれ。東京都出身。早稲田大学政治経済学部を卒業後は、JPモルガン・ア...

  • パートと金融に依存する日本企業に未来はあるか - Newsダイジェスト

    2012.09.26
    パートと金融に依存する日本企業に未来はあるか - Newsダイジェスト

    収益構造から見る限り、金融業になりつつあるトヨタ。写真:ロイター/アフロ   2012年11月号記事   日本の雇用が危機にある。 日本を代表する小売業であるセブン&アイ・ホールディングスは、グループのイトーヨーカ堂のパートタイマーの比率を、2015年度をめどに9割に引き上げる。現在8600人いる正社員は半分に削減する。...

  • 松下幸之助が野田首相に警告する消費税増税後の日本経済

    2012.08.15
    松下幸之助が野田首相に警告する消費税増税後の日本経済

      公開霊言抜粋レポート   『政治生命尽きた野田首相に 恩師からの「餞別」』 松下幸之助が警告する増税後の未来 「松下幸之助の未来経済リーディング―消費税増税と日本経済―」 2012年8月10日収録   「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり...

  • 性急な脱原発の危険性を勇気を持って訴えよう - 新シリーズ 有識者インタビュー 未来を創る

    2012.05.29
    性急な脱原発の危険性を勇気を持って訴えよう - 新シリーズ 有識者インタビュー 未来を創る

      2012年7月号記事   新シリーズ 有識者インタビュー 未来を創る 性急な脱原発の危険性を勇気を持って訴えよう     グロービス経営大学院学長 堀義人氏 (ほり・よしと) 1962年茨城県出身。京都大卒、ハーバード大学経営大学院修士課程修了(MBA)。...

  • 菅首相、それでも スウェーデンを目指しますか?

    2010.12.04
    菅首相、それでも スウェーデンを目指しますか?

    昼下がりのバスのなかでたそがれるスウェーデンの女性   2011年1月号記事 (本誌の写真と合わせてご覧ください)   「理想の福祉国家」現地レポート《後編》 「平等の国」の人たちは日本の「自由」に憧れていた   前編ではスウェーデンの高齢者福祉を取り上げた。 後編では若い世代や増加する移民の実情を...

  • ニッポン繁栄 8つの提言【5】未来産業として農業を再興し雇用を創出する!

    2009.06.21
    ニッポン繁栄 8つの提言【5】未来産業として農業を再興し雇用を創出する!

    2009年8月号記事   ニッポン繁栄 8つの提言 提言5   規制に縛られた日本の農業が衰退しつつある。だが一方で、日本の作物の品質や生産技術は世界でもトップレベル。農業への自由参入、若手農家の起業支援、効率化・大規模化を進めれば、必ず食料増産の道が開かれ、食料自給率もアップできる。     ...

Menu

Language