rss

タグ「自殺」の記事一覧

  • 自殺サイトの危険性

    2005.09.07
    自殺サイトの危険性

    2005年11月号木記事 ついに殺人事件まで起きた── 自殺サイトの危険性   集団自殺のきっかけとなるだけでなく詐欺やレイプなど犯罪の温床になっているともいわれる「自殺サイト」。 その実態と危険性を改めて明らかにしネット自殺や犯罪の防止への取り組みを探った。   「自殺志願者なら怪しまれない」 「口を押さえ...

  • 世界をつなげ!自殺ゼロの願い

    2005.08.07
    世界をつなげ!自殺ゼロの願い

    2005年10月号記事 自殺者を減らそうキャンペーン 世界自殺予防デー特集 世界をつなげ!自殺ゼロの願い   自殺者の増加が深刻な問題となっているが世界的にも自殺予防は国境を超えた大きな課題だ。 折しも、9月10日は「世界自殺予防デー」。 地球規模の目で自殺者を減らすために一人ひとりに何ができるかを考えてみたい。  ...

  • 日本人の「自殺観」

    2005.05.07
    日本人の「自殺観」

      2005年7月号記事 自殺者を減らそうキャンペーン 人びとの多くが容認する風土? 大検証日本人の「自殺観」   「自殺は場合によっては仕方がない」 「潔く、ケジメをつけた」 「厳しい世相の犠牲者だ」──。 自殺を容認するような雰囲気が日本には少なくない。だが、こうした意識が先進国の中で最悪のレベル...

  • 30代を直撃する!?「職場のうつ」を防ぐ

    2005.02.06
    30代を直撃する!?「職場のうつ」を防ぐ

    2005年4月号記事   2003年の自殺者数は3万4427人(警察庁発表)と過去最悪を記録したが、中でも30代の自殺が増えている。 IT(情報技術)化やネット社会の広がりといった環境の変化からくる過労や将来への不安人間関係のあつれき── こうしたストレスが高じてうつや自殺に至るケースが少なくないのだ。     ...

  • 自殺遺族の「心の危機」を救うには

    2004.10.06
    自殺遺族の「心の危機」を救うには

      2004年12月号記事 「死は永遠の別れではない」第5 弾 自殺遺族の「心の危機」を救うには   この9月から10月にかけて、若い男女がネットで知り合い集団自殺するということが相次ぎ 社会に大きな衝撃を与えた。こうした数々の自殺の陰で忘れてはならないのは家族を自殺で失った遺族の心の苦しみだ。 それが、次なる悲劇を...

  • 亡くなった人の魂の行方と供養は?

    2004.07.06
    亡くなった人の魂の行方と供養は?

    2004年9月号記事 好評第2弾  死は永遠の別れではない   戦争・震災・自殺── 亡くなった人の魂の行方と供養は?   夏──と言えば、海や山へのレジャーと同時に、お盆や墓参りなど、亡くなった人への「供養」の季節でもある。   他方で世界を見渡せば、イラク戦争や大規模なテロなど、悲惨な出来事が頻発...

  • 生活苦による自殺を防ぐには

    2004.06.06
    生活苦による自殺を防ぐには

      2004年8月号記事 対機説法シリーズ 人生の羅針盤第90回 幸福の科学総裁 大川隆法 『幸福へのヒント』講義(3)     収入の範囲内で生活する 幸福へのヒント光り輝く家庭をつくるには 定価 1,575円(...

  • 自殺した人の魂はどうなるのか

    2004.05.06
    自殺した人の魂はどうなるのか

    2004年7月号記事 対機説法シリーズ 人生の羅針盤第89回 幸福の科学総裁 大川隆法 『幸福へのヒント』講義(2)   自殺する人には仏法真理の知識が足りない 幸福へのヒント光り輝く家庭をつくるには 定価 1,575円(税込)著者大川隆法 ...

  • 自殺の現状と問題点

    2004.04.06
    自殺の現状と問題点

    2004年6月号記事 対機説法シリーズ 人生の羅針盤第88回 幸福の科学総裁 大川隆法   『幸福へのヒント』講義(1)  『幸福へのヒント』は家庭問題に関する質疑応答集   幸福へのヒント光り輝く家庭をつくるには ...

  • 仏法真理があるから病苦を生き抜ける

    2003.10.05
    仏法真理があるから病苦を生き抜ける

    2003年12月号記事 年間3万人を超える自殺者のうち半数近くが病気を苦にしたものであり60歳以上では約6割にものぼる。 かつて釈尊は「人生は苦である」とし生・老・病・死(しょう・ろう・びょう・し)の四苦(しく)を脱する心のあり方を説いた。 病苦や老苦などは、だれも逃れることができない苦しみだからこそ、そのなかで心穏やかに生き抜くためには仏法真理が不可欠なのだ。 ...

Menu

Language