rss

タグ「宗教」の記事一覧

  • 川崎での無差別殺傷事件 求められるのは宗教的なエクソシスト能力

    2019.05.30
    川崎での無差別殺傷事件 求められるのは宗教的なエクソシスト能力

      《本記事のポイント》 川崎の無差別殺傷事件で2人が死亡 凶悪犯罪の背景には「憑依現象」がある可能性が高い 正しい知識を持つことで憑依対策はできる   登校中の小学生ら19人が刃物を持った男に次々と襲われ、小学6年生の女児と児童の保護者で外務省職員の男性が死亡するという痛ましい事件が28日に起きた。怪我...

  • 世の中を変える光と闇の戦い - 大川隆法総裁 法話Report 「信仰を護る強さ」

    2019.05.30
    世の中を変える光と闇の戦い - 大川隆法総裁 法話Report 「信仰を護る強さ」

      2019年7月号記事   大川隆法総裁 法話Report   世の中を変える光と闇の戦い 「信仰を護る強さ」 2019年4月27日 総本山・正心館   大川隆法・幸福の科学総裁は4月27日、宇都宮市にある幸福の科学の研修施設、総本山・正心館で「信仰を護る強さ」と題した法話を行...

  • 中南海 ─Inside Watch─ インサイドウォッチ - 最終回

    2019.05.29
    中南海 ─Inside Watch─ インサイドウォッチ - 最終回

    中国は共産党立党100周年にあたる2021年までに、台湾の侵略を目標にしている。写真は、台北の中心部。   2019年7月号記事   Inside Watch   中南海 インサイドウォッチ 第100回 最終回スペシャル   2011年2月号からスタートした本連載が最終回を迎える。...

  • 病院のサービスを差別化するには

    2019.04.30
    病院のサービスを差別化するには

      2019年6月号記事   個人の人生、社会、国家、人類、地球そして宇宙。すべてを幸福な未来へ導くための羅針盤として、ワールド・ティーチャー(世界教師)大川隆法総裁の質疑応答をお届けしてまいります。   病院のサービスを差別化するには 大川隆法 未来への羅針盤 ワールド・ティーチャー・メッセージ No.268 ...

  • 1 憲法の呪縛から天皇陛下を自由に /「平成後」の大戦略 「失われた30年」を逆転する Part.1

    2019.03.30
    1 憲法の呪縛から天皇陛下を自由に /「平成後」の大戦略 「失われた30年」を逆転する Part.1

      2019年5月号記事   国造りプロジェクト Vol.06   「平成後」の大戦略 「失われた30年」を逆転する   5月の改元をもって、平成の幕が閉じる。 次の時代を繁栄させるには、何が必要か。 「失われた30年」の失敗から学び、これからの約30年に向けた発展ビジョン...

  • リッツ・カールトン流おもてなし講座 - 最終回 自分の力で、堂々と人生を企てる生き方を

    2019.03.29
    リッツ・カールトン流おもてなし講座 - 最終回 自分の力で、堂々と人生を企てる生き方を

      2019年5月号記事   仕事の成果が出る! リッツ・カールトン流おもてなし講座 最終回   Special Interview   自分の力で、堂々と人生を企てる生き方を   「リッツ・カールトン流 おもてなし講座」で、さまざまな悩みに答えてくれた高野登氏に...

  • 宏洋氏がやるべきことは、中傷でなく、俳優や脚本家として大成する努力

    2019.03.17
    宏洋氏がやるべきことは、中傷でなく、俳優や脚本家として大成する努力

      俳優や脚本家としての活躍を目指しているはずの大川宏洋氏が、YouTubeで幸福の科学を中傷し続けている。   これまで宏洋氏は、自分は教団とつながりがあると見られているために思うように仕事ができない、という趣旨の発言を繰り返してきた。   ではなぜ、あえて教団を批判する必要があるのか。それはおそらく、宏洋氏がアップして...

  • 米国務省の大使「中国は宗教との戦いに勝つことはできない」

    2019.03.16
    米国務省の大使「中国は宗教との戦いに勝つことはできない」

      《本記事のポイント》 米国務省の信教の自由担当大使が香港と台湾で講演 アメリカの目標は世界に信教の自由を広げること 複数政党制の民主主義を中国に根付かせるべき   アメリカで米台高官の相互訪問を認める「台湾旅行法」が昨年3月に成立し、米政府高官の台湾訪問が相次ぐ中、米国務省のサム・ブラウンバック大使(...

  • 虐待や家庭内暴力の解決には「信仰心」による調和が不可欠

    2019.03.11
    虐待や家庭内暴力の解決には「信仰心」による調和が不可欠

      《本記事のポイント》 日本中に衝撃を与えた千葉の小4女児虐待死亡事件 虐待や家庭内暴力の大きな原因は「ストレス」 神仏の思いに反する心に悪霊は忍び寄る。信仰生活で調和のとれた家庭を   千葉県野田市立小4年の栗原心愛(みあ)さんが、父親である勇一郎容疑者の暴行により、1月24日に自宅の浴室で死亡すると...

  • アメリカの元大統領候補や諜報機関も認める「霊言」とは何か 【THE FACT】

    2019.03.10
    アメリカの元大統領候補や諜報機関も認める「霊言」とは何か 【THE FACT】

    霊言について解説する里村氏(左)と、本誌編集長の綾織。   最近、ネット上では、「霊言」に対するさまざまな意見が飛び交っている。   ネガティブなものも目立つが、そうした発信をしている人の多くは、そもそも「霊言とは何か」について知らないのではないか。信仰を持たず、特に、公立学校の教育を受ける中では、「霊言」に触れる機会は少ないだろう。 ...

Menu

Language