rss

タグ「国難」の記事一覧

  • コロナ下の総理の条件 - (4)信仰心を持っている

    2021.06.29
    コロナ下の総理の条件 - (4)信仰心を持っている

    権力欲やパフォーマンスで国を過たない前提には、神意を慮る信仰心が必要となる。

    ...

  • ついに衆院選の投票日に 日本のこれからを考える選択を

    2017.10.22
    ついに衆院選の投票日に 日本のこれからを考える選択を

      《本記事のポイント》 投開票前日の各紙の報道を比較する 各党の看板政策を再確認 日本のこれからを考えた選択を   とうとう、衆院選の投票日を迎える。どの候補者や政党に投票するかは、決まっただろうか。   「大義なき解散」とも評された今回の衆院選は、台風の影響もあり、投票率が低...

  • 「国難をつくったのは自民と民主」 トモダチ作戦立案した元海兵隊員が語る

    2017.10.10
    「国難をつくったのは自民と民主」 トモダチ作戦立案した元海兵隊員が語る

      《本記事のポイント》 エルドリッジ氏は「国難は誰がつくったのかを考えなければならない」と指摘。 北朝鮮危機への対処の次は、中国対策も必要。 幸福実現党は、8年間ぶれずに国防を訴え続けている。   アメリカの協力なしに、北朝鮮のミサイルから日本国民を守ることはできない。   北...

  • 京都補選 「いまこそ、裏表のない『おもてなしの政治』を」 美人元若女将が出馬を決意

    2016.03.18
    京都補選 「いまこそ、裏表のない『おもてなしの政治』を」 美人元若女将が出馬を決意

    京都府庁で会見に臨む、大八木氏(中央)。   自民党・宮崎謙介衆院議員の辞職に伴い、京都3区では、4月12日告示、24日投開票の日程で補欠選挙が行われる。   現時点で立候補を表明しているのは、民主党の泉健太氏(比例復活で現職)のほか、いずれも新人の、おおさか維新の会の森夏枝氏、日本のこころを大切にする党の小野由紀子氏、無所属の郡昭浩氏。自...

  • 幸福実現党 財務局長 大門未来の未来思考- 第九回

    2013.08.26
    幸福実現党 財務局長 大門未来の未来思考- 第九回

      2013年10月号記事   第九回   幸福実現党 財務局長 大門未来の 未来思考   大門未来 (おおかど・みき)幸福実現党広報本部長。1985年生まれ。東京都出身。早稲田大学政治経済学部を卒業後は、JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社に勤務...

  • マスコミ淘汰の時代が始まった - 編集長コラム

    2012.09.26
    マスコミ淘汰の時代が始まった - 編集長コラム

    09年に立党した幸福実現党には、たくさんのメディアが取材に来たが、ほとんど報道されかった。政党助成金を受けられる「政党」ではないとの理由だったが、同じ「政党」未満の大阪維新の会は今回、大々的に報道された。写真は同年5月25日の結党記者会見。   2012年11月号記事   マスコミ淘汰の時代が始まった 7人の国会議員がこのほど合流し...

  • ドラッカーの霊は津波を予言していた

    2011.04.04
    ドラッカーの霊は津波を予言していた

    大川隆法総裁法話『もしドラッカーが日本の総理ならどうするか?』講義 ポイント速報 2011年4月3日 幸福の科学春日井支部(愛知県)にて     この本は今年の1月13日にドラッカーの霊言として収録したので、東日本大震災について触れていない。去年出した同じくドラッカーによる『国家と経営』は去年の3月19日の霊示...

  • 中国の次期最高指導者  習近平の野望

    2010.12.01
    中国の次期最高指導者 習近平の野望

      2011年1月号記事 国難の正体!過去世はチンギス・ハン 中国の次期最高指導者、習近平氏の過去世(守護霊)はチンギス・ハンだった――。 大川隆法・幸福の科学グループ創始者兼総裁の霊言で衝撃の事実が明らかになった。 日本を含む周辺国を支配下におき、現代の「大中華帝国」をつくるという守護霊の話は、虐殺の限りを尽くして周辺国を従わせ、モンゴル帝...

  • 民主党政権で「国難」は避けられるか?

    2009.09.08
    民主党政権で「国難」は避けられるか?

    2009年11月号記事   民主党政権で「国難」は避けられるか?   8月30日投開票の衆院選は、民主党の圧勝に終わったが、5月に立党した幸福実現党が警鐘を鳴らした「国難」が民主党政権の誕生によって、現実となるかもしれない。しばらくは「お手並拝見」というところだが、長い目で見れば、揺り戻しも起きてくるだろう。民主党政権の「その先」を探った。...

Menu

Language