rss

タグ「国防」の記事一覧

  • トランプ氏が「核なき世界」を放棄? 現実的な核政策として評価できる

    2018.02.05
    トランプ氏が「核なき世界」を放棄? 現実的な核政策として評価できる

    核兵器を搭載できる米空軍ステルス戦略爆撃機B2(画像はmark reinstein / Shutterstock.com)。   《本記事のポイント》 トランプ米大統領がオバマ氏の核政策を転換させ、批判が起きている そのオバマ氏は核なき世界を追求できず、看板倒れに終わった 日本の安全保障環境も悪化しており、核装備の必要性が高ま...

  • 「憲法改正」「空母保有」が進む 核装備を含めた議論を - ニュースのミカタ 3

    2018.01.30
    「憲法改正」「空母保有」が進む 核装備を含めた議論を - ニュースのミカタ 3

    空母化が検討される「いずも」。写真:ロイター/アフロ   2018年3月号記事   ニュースのミカタ 3 政治   「憲法改正」「空母保有」が進む 核装備を含めた議論を   日本の国防が、少しずつ強化されつつあります。 本誌2018年2月号では、トランプ米大統領...

  • なぜ、どのワイドショーも朝日新聞の受け売りなのか? 元ADに聞く

    2017.12.22
    なぜ、どのワイドショーも朝日新聞の受け売りなのか? 元ADに聞く

    テレビ朝日本社(Wikipediaより)。   《本記事のポイント》 徹夜続きの中、スタンスは大手紙に合わせるのがラク 朝日にあわせるのは「ニュースステーション」以来 マスコミが変わる「鍵」は新聞にある   今年も、日本の政治は、つくづくワイドショーに振り回された。   ...

  • 中国に取り込まれつつあるトランプ政権 実利でなく、安全保障の重視を

    2017.11.18
    中国に取り込まれつつあるトランプ政権 実利でなく、安全保障の重視を

    Javen / Shutterstock.com   《本記事のポイント》 トランプ政権は、親中派からの圧力が強まっている 親中派は、米財界やトランプ・ファミリーの中にも 日本は国防強化を、トランプ大統領に「対中強硬」を迫ることが重要   対中強硬派と見られていたトランプ米政権が、少しずつ中国に取...

  • 能登半島沖「大和堆」に北朝鮮の船の大群 「状況は尖閣と同じ」と地元関係者

    2017.11.14
    能登半島沖「大和堆」に北朝鮮の船の大群 「状況は尖閣と同じ」と地元関係者

      《本記事のポイント》 北朝鮮籍と見られる船が能登半島沖で違法操業を繰り返す 石川県の漁協関係者は「漁ができない」「尖閣諸島と同じ」と憤っている 日本側の取り締まる能力の強化のほか、国防体制の見直しが求められている   能登半島沖の漁場である「大和堆(やまとたい)」に近年、北朝鮮の船の大群が押し寄せてい...

  • ついに衆院選の投票日に 日本のこれからを考える選択を

    2017.10.22
    ついに衆院選の投票日に 日本のこれからを考える選択を

      《本記事のポイント》 投開票前日の各紙の報道を比較する 各党の看板政策を再確認 日本のこれからを考えた選択を   とうとう、衆院選の投票日を迎える。どの候補者や政党に投票するかは、決まっただろうか。   「大義なき解散」とも評された今回の衆院選は、台風の影響もあり、投票率が低...

  • 国防強化・消費減税を掲げる幸福実現党の政見放送全文

    2017.10.20
    国防強化・消費減税を掲げる幸福実現党の政見放送全文

      現在、全国に流れている政見放送で、幸福実現党の釈量子党首が、「国防強化・消費減税」を掲げる唯一の政党であることを訴えている。以下、全文を紹介する。   ◆          ◆          ◆   ...

  • 北朝鮮ミサイル 降ってくるとき、どんな音がするのか?

    2017.10.14
    北朝鮮ミサイル 降ってくるとき、どんな音がするのか?

      《本記事のポイント》 日本のミサイル対策、「迎撃」「抑止」「国民保護」いずれも間に合わず 今、議論すべき国防は「5~10年後を見据えたもの」 自民党の国防公約は「現状確認」に過ぎない   北朝鮮の発射したミサイルが、日本の街に飛んで来る瞬間、どんな音がするのだろうか。   答...

  • 幸福実現党の幹事長代理・大川真輝氏が街宣に登場 「自分の国は、自分で守る」「消費税を5%に戻そう」

    2017.10.08
    幸福実現党の幹事長代理・大川真輝氏が街宣に登場 「自分の国は、自分で守る」「消費税を5%に戻そう」

    東京・渋谷で街宣を行う、幸福実現党幹事長代理の大川真輝氏。   衆院選の公示を目前に控えた7日、全国では各政党が街頭で舌戦を繰り広げ、事実上の選挙戦に突入している。   そんな中、2009年春の立党以来、8年以上にわたって北朝鮮のミサイルの脅威を訴え続けてきた幸福実現党の創立者・大川隆法総裁の次男で、同党の幹事長代理である大川真輝氏が東京都...

  • 日本の首相は安倍晋三だが、“元首”はトランプである―編集長コラム

    2017.10.06
    日本の首相は安倍晋三だが、“元首”はトランプである―編集長コラム

      編集長コラム 衆院選直前・特別版(3)     日本のどこにも見当たらない「万全」 安倍晋三首相が国防を選挙の争点に掲げた。今までなかったことなので、大きな“進化"ではある。   ただ、72年ぶりに"空襲警報"が常態化する中、「北朝鮮への圧力強化継続」...

Menu

Language