rss

記事一覧

  • 「大阪府」の真実!?

    2007.01.10
    「大阪府」の真実!?

    2007年3月号記事 都道府県〔お国柄〕図鑑② 独断と偏見で読み解く「大阪府」の真実!?   「天下の台所」、「食い倒れ」、「大阪商人」、「お笑い文化」。全国47都道府県中、面積は2番目に小さいながら、東京に次いで日本第2の都市と呼ばれる大阪。いらちで、あつかましくて、がめついけれど、人情深さを併せ持つ。そんな大阪人が操る大阪弁は、お笑いブームの影響...

  • 人生の第2ラウンドは「ときめき」と充実感を楽しもう!

    2007.01.10
    人生の第2ラウンドは「ときめき」と充実感を楽しもう!

      2007年3月号記事 本誌執筆陣 国司義彦氏が語る 「ときめき」と充実感を楽しもう!   本誌連載「毎日を楽しく過ごすちょっとしたヒント」が好評を博した、自己実現フォーラム代表の国司義彦氏。世代別の生き方を扱った著書シリーズでも実績のある同氏に、新著『感動のシニアライフ』の内容をめぐって、50代から考える充実人生のため...

  • 「市場に訊く」力

    2007.01.10
    「市場に訊く」力

      2007年3月号記事 ビジネス風雲録 キリンを復活させた「市場に訊く」力   2001年、48年間にわたって業界首位に君臨し続けたキリンビールが、アサヒビールにシェアで逆転された時、世はこぞってアサヒの快進撃を絶賛した。以来、王者キリンは、「驕れる者は久しからず」を地で行く失敗例の典型となり、一転、アサヒの引き立て役になった。そ...

  • 西松眞子メソッド ビジモテ道【Check:5】

    2007.01.10
    西松眞子メソッド ビジモテ道【Check:5】

      2007年3月号記事 (にしまつ・まこ) イメージコンサルタント「カーペ・ディエム」代表。イメージ戦略の専門家。大前研一の「アタッカーズビジネススクール」ではビジネスコミュニケーション講座の講師を務めるなど、パーソナルブランディングを図る研修や講演会、執筆活動などで活躍。著書『魅せる技術』は全国のビジネス書籍ランキングでベスト10入りを果たす。同社htt...

  • 時代が求めるリーダーシップとは

    2007.01.10
    時代が求めるリーダーシップとは

    2007年3月号記事 幸福の科学総裁 大川隆法 対機説法シリーズ 人生の羅針盤 第121回 時代が求めるリーダーシップとは   問 私は、職場や家庭、地域社会での人間関係においてリーダーシップを発揮していきたいと考えていますが いまの時代が求めるリーダーシップとは、どういうものでしょうか。   &nb...

  • ネパール「貧困」の克服 第2回

    2006.12.10
    ネパール「貧困」の克服 第2回

      2007年2月号記事 現地ルポ ネパール「貧困」の克服 第2回 混沌とする教育の現状   11月下旬、ネパールでは11年続いた内戦に終止符が打たれた。混乱の代償として、解決すべき問題は数限りないが、その一つが「教育」。その質や教員不足、校舎の未整備など問題は山積している。今回はネパールの「教育」に焦点をあてて現状をリポ...

  • エンタメIT社長市川茂浩のメディア進化論Ver.4

    2006.12.10
    エンタメIT社長市川茂浩のメディア進化論Ver.4

      2007年2月号記事 Ver.4 「いじめ」対策の新たな道も ──未来社会のシミュレーション   (いちかわ・しげひろ) ケータイ向け完全無料放送局Qlick.TV(クリックドットティービー)を運営する、株式会社フロントメディア代表取締役。多数の公式サイトを立ち上げたモバイルプランナー。通信およびコンテンツビジネスに精通。 ...

  •  「教科書」を変えれば成績は伸びる

    2006.12.10
    「教科書」を変えれば成績は伸びる

      2007年2月号記事 学力低下からわが子を守れ     「いじめ問題」に劣らず悩ましいのが「学力低下問題」だ。「ゆとり教育」の影響により、公立校の"学力崩壊"は著しい。 しかし一方、こうした状況を打開するための新しい取り組みも、各地で始まっている。 今回は、その中から、算数・理...

  • 「口ぐせ」を変えると成功できる!!

    2006.12.10
    「口ぐせ」を変えると成功できる!!

    2007年2月号記事   天国地獄は言葉から   「1年の計は元旦にあり」。新年は新しい人生目標や決意を固める絶好の機会。 「2007年は新しい自分に生まれ変わるぞ!」と意気込んでいる、そんなあなたにオススメなのが「口ぐせ」による変身だ。読者による検証と口ぐせ研究の第一人者・佐藤富雄氏のインタビューを交え、「口ぐせ」の素晴らしき世界...

  • 「いじめ隠ぺい」が子供を殺す

    2006.12.10
    「いじめ隠ぺい」が子供を殺す

    2007年2月号記事 総力特集 日本の教育に正義はあるのか   全国各地で「いじめ問題」が噴出し、教育界が大きく揺れている。 多くのケースで共通するのは、いじめられた側が泣き寝入りする、転校か不登校になる、最悪の場合、自殺するという本末転倒の形で事態が「収拾」されている点だ。 なぜ、いじめがなくならず、しかも被害者のほうばかりが深い傷...

Menu

Language