障害者は神の愛を忘れないための防波堤 - 「ヘレン・ケラーの幸福論」 - 大川隆法総裁 霊言レポート

障害者は神の愛を忘れないための防波堤 - 「ヘレン・ケラーの幸福論」 - 大川隆法総裁 霊言レポート

2015年1月号記事

 

公開霊言抜粋レポート

 

障害者は神の愛を忘れないための防波堤

「ヘレン・ケラーの幸福論」

10月22日 幸福の科学教祖殿大悟館

「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現象)とは異なる。また、外国人の霊の霊言には、霊言現象を行う者の言語中枢から、必要な言葉を選び出し、日本語で語ることも可能である。 詳しくは⇒⇒⇒大川隆法のスーパー霊能力 「霊言」とは何か

 

 

ヘレン・ケラーの幸福論

ヘレン・ケラーの幸福論

大川隆法著

幸福の科学出版

 霊言を通して、卑弥呼や豊受大神など、歴史上の女性の偉人の「幸福論」が次々と語られる中、大川総裁は三重苦で知られるヘレン・ケラーの霊を呼び出し、運命に立ち向かう幸福論を聞いた。

 

 

不幸と見えしことが幸福の原因だった

 ヘレン・ケラーは2歳の時に高熱を出して、視力と聴力を失い、言葉を話すこともできなくなった。その後、サリバン先生などの助けを借りて、名門のラドクリフ女子大学を卒業し、数多くの人道支援活動に人生を捧げた。健常者には想像もできない逆境と努力の人生だ。

 だが、招霊されたヘレン・ケラーの霊は冒頭、三重苦を背負っていたことについて、「あなたがたが、不幸と思うことが、私の幸福の原因でした。つくづくそう思います」と述べた。

 そして、世の中には不幸の種が数多くあるけれども、すべて神の御業の現れだと思って受け止めることで、人生が開けていくという立場を示した。

 逆境の中、なぜこれほど努力を続けられたかについては、自分はあくまで運命を受け入れただけであって、周囲の人の善念があったからだと強調した。

 ヘレン・ケラーの霊が語る生前の信仰観、世界観、人間観などは、いずれも霊的確信を感じさせるものだった。知的好奇心による内的空間の拡大が、いかに人間の幸福につながるものなのかに気づかされる。

 ヘレン・ケラーの霊は、天上界に還ってからの生活や、現在の自分の役割などにも言及。そして、障害を持って生まれてくる人たちの使命について、「人々が、神の愛を忘れないようにするための防波堤になっている」と語った。

 神や奇跡を信じる心が薄くなっている現代人の間違いを諭すと同時に、信仰の美しさが垣間見える霊言となった。

 

 

 

「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現象)とは異なる。また、外国人の霊の霊言には、霊言現象を行う者の言語中枢から、必要な言葉を選び出し、日本語で語ることも可能である。

詳しくは⇒⇒⇒
大川隆法のスーパー霊能力 「霊言」とは何か
 

 

ここに紹介したのは霊言のごく一部です。詳しくは幸福の科学の施設で、ぜひご覧ください(下記参照)。

幸福の科学に関するお問い合わせは

Tel:03-5793-1727 : 火~金/10:00~20:00 土日/10:00~18:00

Fax:03-5793-1713 : (24時間受付)

公式HP : happy-science.jpまで。

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

タグ: 2015年1月号記事  ヘレン・ケラー  三重苦  奇跡の人  霊言  

Menu

Language