山口敏太郎のエックス-リポート 【第10回】

山口敏太郎のエックス-リポート 【第10回】

 

2013年4月号記事

 

山口敏太郎のエックス-リポート

No. 010

 

オカルト研究家・山口敏太郎氏が宇宙人、UFO、その他のミステリー情報を 合理的、科学的、実証的、ジャーナリスティックに検証する

 

(やまぐち・びんたろう)

1966年、徳島市生まれ。神奈川大学経済学部卒業。作家、妖怪研究家、漫画原作者。(株)山口敏太郎タートルカンパニー代表取締役。日本通運でIT担当や営業に携わり、作家に転身。1996年、学研「ムー」のミステリーコンテストで論考「妖怪進化論」が優秀賞受賞。著書は『現代日本のテレビでは放送できない話』(彩図社)、『山口敏太郎の都市伝説 あなたの知らない世界』 (河出書房新社)など多数。TV、ラジオ出演のほか、多数のネットニュースに寄稿。真言宗信徒。メルマガ「山口敏太郎のサイバーアトランティア~世界の陰謀・オカルトの真実」配信中。 http://foomii.com/00015

 

 

タイのアユタヤ遺跡の一つ、ワット・プラ・シー・サンペット

 先日、タイのアユタヤ遺跡を取材してきたが、今では世界遺産に認定されているアユタヤ遺跡群も、もとをただせばビルマ軍侵攻によるアユタヤ王朝殺戮の残骸に過ぎない。頭部を破壊された仏像や傾斜しているパゴダを見つつ廃墟と化した仏教の古都を歩きながら、人間の変わらぬ愚かさを痛感した。因果は巡るのだろうか、ビルマはアユタヤを破壊したが、アユタヤもアンコール王朝を破壊している。かつて祇園精舎に比定されたアンコール・ワットもアユタヤに屈服させられたことがあるのだ。

 殺しあう人類の歴史、宇宙人から見たらなんと歪な構造なのだろうか。遺跡を巡りながら、ひょっとすると宇宙人の唱える平和的な宇宙思想は仏教にすべて反映されているのではないか、さらにその舵取り役は我々日本人にあるのではないかと思いを馳せた。まだまだ学びが足りないと恥じ入る日々である。

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2013年4月号記事  山口敏太郎  UFO  NASA  クリッター  中国  月面  基地  米国議会  

Menu

Language