幸福の科学で読売新聞・渡邉恒雄氏(守護霊)が「大放言」

幸福の科学で読売新聞・渡邉恒雄氏(守護霊)が「大放言」

 

大川隆法総裁 公開霊言抜粋レポート

『ナベツネ先生・天界からの大放言』

2012年10月18日収録

「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現象)とは異なる。また、外国人の霊の霊言の場合には、霊言現象を行う者の言語中枢から、必要な言葉を選び出し、日本語で語ることも可能である。 詳しくは⇒⇒⇒大川隆法のスーパー霊能力 「霊言」とは何か

 

 

 この国のマスコミ言論のあり方を問う上で、朝日新聞主筆の守護霊が出たからには、やはり、この方にもご登場願わないわけにはいかないだろう。大川隆法総裁は10月18日、読売新聞グループ本社会長・主筆である渡邉恒雄氏の守護霊を招いてインタビューを行った。インタビューに先立ち、大川総裁は主旨をこう述べた。

 

  • 先般、朝日の若宮啓文主筆の守護霊霊言を録った。そのときに若宮氏の守護霊が、「私なんかをやらないで、ナベツネさんのほうをやるべきだ。2009年の総選挙では朝日が総理大臣を決めたけれども、今度は読売が次の総理を決めるはずだから、あっちに訊きなさい」と振ったので、裏事情は知らないが訊いてみたいという気持ちを持った。
  • 「先生」と付けたのは決して揶揄するつもりではない。「ナベツネ」という広く知られた通称を用いつつ、呼び捨てにするのが心苦しかったので「先生」を付けて「ナベツネ先生」とした。
  • 渡邉恒雄氏は86歳という年齢で、まだ主筆で書けるのだから頭はボケておらず、勉強もできて、精力的に発言し行動ができる、そうとう精力的な方ではないかと思う。
  • メディア界の大御所であるから、いろいろな物事が見えていると思う。幸福実現党や幸福の科学についてのご感想や意見やアドバイス等も頂けたらありがたい。

 

 登場した渡邉氏の守護霊は、若き日の思想体験にも触れつつ、日本のマスコミ全般や幸福の科学、幸福実現党について闊達に述べ、過去世の意外な職業も明かした。100分にわたった「大放言」から抜粋でお届けする。

 

以下の抜粋は、ごく一部です。全編は幸福の科学の全国の支部や精舎でどなたでも拝聴できます。

幸福の科学に関するお問い合わせは

Tel:03-5793-1727 : 火~金/10:00~20:00 土日/10:00~18:00

Fax:03-5793-1713 : (24時間受付)

公式HP : www.happy-science.jpまで。

 

【関連記事】朝日新聞主筆 若宮啓文守護霊インタビュー

http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=4944

 

 

本当は幸福実現党に議席を取らせたい

 

大川隆法総裁――渡邉恒雄氏の霊、流れ入る流れ入る流れ入る……。

(約二十秒間の沈黙)

渡邉恒雄守護霊(以下、渡邉)――ああ、俺の番かあ……。

――本日はぜひ、守護霊様に「天界からの大放言」ということで……。

渡邉――「天界」って、これは、どういうこっちゃろうな。あ! 分かった。要するに、朝日の場合は霊界の認識が足りず、本人にベッタリくっついて、憑依霊との区別がほとんどつかない守護霊であったが、読売のほうは悟りは進んでおるからして、本人から遊離して天上界に自由自在に行き来して、高天原から見るようにこの地上を見ておるであろうと……。

――まさに、そういう趣旨です。さまざまなテーマに関してインタビューさせていただければ。

渡邉――君らも最近、なかなか腕上げとるから、気をつけんといかんな。メディア界では「激震を走らせる幸福の科学」っていうんで、毎月、話題を撒いとるからなあ。スクープされてたまるものか。そうはいかんぜ。メディア界の先輩だからな。逆取材してやるからな(会場笑)。

――先般、朝日の若宮主筆に政局に関してお尋ねしたところ、「次、決めるのはナベツネさんだよ」と。

渡邉――あいつはねえ、人のせいにするんだよ。自分の責任が問われると思ったらパッと振る。これが左翼系の本質だよ。

――世界最大の発行部数を誇る読売新聞として、ずばり、次の衆議院選の勝敗の見立ては?

渡邉――今の時点では、ほんとに解散があるかどうかは分からんよ。年末を粘り越したら春まで粘って、春まで粘ったら、次は衆参同時選に持っていくと称して、「初夏の頃に景気が少しでも上向かないか」みたいなとこまで粘って、最後の任期いっぱいまでは行かない前ぐらいのとこで、何か上向きにして勝負をかけたい。その間に何かが起きないかという念力は(野田首相は)ずーっと張ってるね。

 年内に解散したら、たぶん自民250、民主130。残り100ぐらいか。維新(日本維新の会)が50ぐらい取るから、あと残り50ね。公明が40行くか行かないか。あと共産党とかがポロポロッと取って、残りは幸福実現党に差し上げたいとこだなあ。まあ、わしの挨拶代わりの気持ちだけども、12月ぐらいの選挙だったら、幸福実現党に最低15、マックス25ぐらいは、やりたいな。

 ほんとは、もうちょっとあったほうがいいんだけど、周りの警戒念が強いからさ。そんなには取らせてはくれないんだけど、やっぱり「政党として、もうあってもいいかな」って思うね。君ら、一貫していいこと言ってるし、実体も伴ってきたじゃないか。はっきり言えば、ほんとは維新より上でなければいけないとは思うよ。組織もあるし、言論的にも内容は揃っておるしさ。

――そうであるならば、読売新聞社としても、もうちょっと幸福実現党について報道していいのかなと思います。2009年に私たちが主張していたことが、3年経って、今、展開しているわけですから。その部分はメディアとして、ある種の反省は必要なのではないかと思いますが。

渡邉――うん、それは全体に今、浸透はしてきてるよ。だから一目は置いてるよ。朝日、読売から始まって、まあ、産経は大喜びしてるとは思うけど、それ以外のテレビ界や、週刊誌だって一目も二目も置いているというか、「すごいなあ」と思ってるし、結構、追随してる面もあるわな。だから、一定の地位を築きつつはあると思う。でも、まだ今のところ、言論主体の勢力としての地位であって、いわゆる政党としての活動の実体が、国民全体に認められるところまでは行ってないというかな。

 

 

習近平に関するマスコミ報道に幸福の科学の影響

――国防や歴史認識について、ご意見をお伺いしたいのですが。

渡邉――俺は、戦争が終わった昭和二十年の四年後に大学卒だから、いわゆる「学徒出陣」の体験者なんだよ。戦争を十代の後半に実際に見た人間だからね。東京が焼け野原になるところも、原爆が落ちて日本人が恐怖するところも、占領されるところも、新憲法ができるところも、マッカーサーに五年ぐらい支配されたときも、全部見てきた世代なんでね。そういう意味で、「安易な判断ミスや、首相や軍部の独走とかああいうようなことで、すぐに戦争になるようなことは避けたい」っていう気持ちは、朝日、読売とも共通してるんだよ。やっぱり、戦争は悲惨なのでね。

 で、いちばん恐るべきは、最近本を書いといたけども、やはりポピュリズム。人気を狙って、とにかく勇ましく。今は中国も韓国もそうだけどね。「とにかく日本と戦ってでも島を取るぞ」みたいに向こうは煽っているけど、日本のマスコミは平静にしていて客観的報道しかしないので、君らは不満で、しょうがないだろうけどさ。

 そらあ、煽ろうと思えば煽るのは簡単だけど、向こうは戦争する気満々なんだからさ。まあ脅しかもしれないけど、もし無人島の取り合いで本当の戦争が起きて、何百万人もまた死ぬようなとこまで拡大するんだったら、馬鹿げたとこもあるからね。だから、ポピュリズムに対して警戒してるのは、朝日だって読売だって一緒なんだよ。

 そして、そのポピュリズムの傾向としては、大阪の橋下は、いちおう怪しい。右翼っぽい動きはしてるけど、あのポピュリズムは根が浅い。芸人的に人気ネタで取ろうとするポピュリズムが多いので、ちょっとあれは怪しい。疑似ヒトラーみたいなのが出やすい雰囲気にはなってるので、そういうのを抑えるのはマスコミの仕事だからね。

――今、日本は中国から侵略戦争を仕掛けられる可能性が非常に高い状況にあります。本当に日本が滅ぶかもしれないという国難に直面しているなかで、日本を守っていくためのマスコミの姿勢というものが必要です。その、あるべきマスコミの方向性は、今、私ども幸福実現党が訴えている路線と、おそらく合致するべきなんです。

渡邉――うーん……。だけど、君らの意見をそのまま単純に聞きすぎると、主戦論にしか聞こえないところがあるから。

――決して主戦論ではなく、備えを固めなければいけないという国防論です。

渡邉――どこまでやればいいかの議論は、厳しいものはあるわな。正直言って俺たちも、その先を読みかねているんだよ。大川さんの言ってるのは、ある程度当たってはいるけど、「オオカミが来るぞ」と言いすぎて、みんながあんまり身構えすぎて、オオカミが本当に来てしまってもいけない。

 もうすぐ、総書記に習近平がなるんだろうけどね。本来は日本の新聞社もテレビ局も、少なくとも年明けぐらいまでは"ご祝儀"で、習近平をいいように伝えるのが普通なんだけどね。今回は幸福の科学のほうから習近平について警戒するものが先に出て、マスコミのほうがそうとうそれに洗脳されてるから(笑)。「手放しで歓迎できない」っていう感じは、もう伝わってるのよ。それで君たちの使命は、もうすでに、ある程度果たしているんじゃないかな。俺たち、手放しで100パーセント持ち上げることはできないよ。

 

 

 

【ご支援のお願い】

1口1万円からご寄付をお受けいたします。みなさまのご支援をお願いいたします。

https://the-liberty.com/st/donate/

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 公開霊言  渡邉恒雄  読売新聞  ナベツネ  衆議院選挙  議席  習近平  過去世  

Menu

Language