なぜ、幸福の科学では病気が治るのか

なぜ、幸福の科学では病気が治るのか

 

2020年9月号記事

 

なぜ、幸福の科学では病気が治るのか

 

今夏公開のドキュメンタリー映画「奇跡との出会い。─心に寄り添う。3─」では、

数々の奇跡体験が映し出される。

なぜこれほど、医学的には説明がつかない現象が多発するのか。

「奇跡のメカニズム」に迫った。

(編集部 片岡眞有子)

 

 

 通勤中、急性心筋梗塞で意識を失い緊急搬送される。医師から「心臓のポンプ機能が半分しか動いていない」と説明を受けるが、すぐ祈願を受けたところ、翌日の検査でポンプ機能は回復。医師も、「本当に奇跡に近い不思議なこと」と首を傾げるほどの復活を見せた。

 血中の血小板が減少する原因不明の難病に罹るも、祈願を受けた日から血小板が急増。3万9千個しかなかった血小板が、4カ月弱で18万2千個まで増え、正常値となった─。

 8月に公開を控える映画「奇跡との出会い。─心に寄り添う。3─」(以下、「奇跡との出会い。」)では、このような病気や怪我が治る奇跡体験が次々と映し出される。ここ10年の間に幸福の科学で報告された奇跡1200件のうち、12件に絞って焦点を当て、奇跡がどのように起きたのかを描いている。

 さらに同作品には、死者が生き返ったという、常識を超える奇跡も出てくる。7年前、アフリカ・ウガンダでの出来事だ(下写真)。

 心肺停止で、看護師が死亡確認までした、医学的には"死んでいる"はずの少女。しかし、父親が45分間にわたって幸福の科学の経文『正心法語』を唱え続けると、息を吹き返した─。驚いた看護師が少女に触れると、止まっていた心臓がゆっくりと動き出し、冷たかった体に熱が戻ってきたという。

 まるで、イエス・キリストの呼びかけで死者が甦った「ラザロの復活」のようだ。

 

死んだ娘が父親の祈りで生き返った!

8月28日に全国で公開予定の映画「奇跡との出会い。─心に寄り添う。3─」では、衝撃的な奇跡体験が紹介される。
2013年6月、当時2歳だったロビナちゃん(写真右)は高熱のため息を引き取る。慟哭する父親は幸福の科学の経文『正心法語』を繰り返し唱える。45分後、ロビナちゃんは息を吹き返した。

続きは2ページ目以降へ(有料記事)

 

 

次ページからのポイント

ノーベル賞受賞の医学者が見た「ルルドの泉」の奇跡

伊皿子坂医院 院長 河野 克典氏インタビュー

体験談 うつが治った!/祈りの力で弟が生き返った

奥津 貴之監督インタビュー

 

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2020年9月号記事  幸福の科学  病気  奇跡  生き返る  信仰  ルルドの泉  河野克典  心に寄り添う  奥津貴之  希島凛  市原綾真  

Menu

Language