カナダの「同性愛」推進の霊的背景を探る 「本物の愛」とは何か?

カナダの「同性愛」推進の霊的背景を探る 「本物の愛」とは何か?

カナダ・トロントのゲイシティ。/shutterstock.com

 

《本記事のポイント》

  •  多様性への寛容さを重視するカナダ
  • 「動物的な欲求」に執着すると危険
  •  霊人の言葉から「本物の愛とは何か」を学ぶ

 

「多様性への寛容さ」を重視するカナダは、LGBTQの先進国でもある。2005年には、世界で4番目に同性婚を法制化した。このたびの総選挙で再選したジャスティン・トルドー首相も、LGBTQの人々の権利推進派として知られる。

 

もともと、カナダの先住民には、「男性と女性の魂を両方持つ人(two-spirit)」という生き方がある。「LGBTQ(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー、クエスチョニング)」に、「two-spirit」を表す「2」を足して、「LGBTQ2」と呼ぶことも少なくない。

 

大川隆法・幸福の科学総裁は10月6日にカナダでの英語講演「The Reason We Are Here」を開催した。講演前の現地視察で、大川総裁が立ち寄った場所の一つが、トロントのゲイシティだった。このエリアには、アレキサンダー・ウッドという人物の銅像が建つ。

 

アレキサンダー・ウッドは、トロントの同性愛の「先駆者」と言える。ウッドは1772年にスコットランドで生まれ、商人としてカナダに移住。輸入品の販売などを手がけていたが、現在の「ゲイタウン」一帯の土地を購入して、ゲイ・コミュニティの基礎を築いた。

 

 

ウッド霊:異性婚で子供が生まれることが「堕落の始まり」と主張

カナダ講演前に現地で大川総裁はウッドの霊を招霊。ウッドの霊は、自ら「ゲイシティの守護神」であると主張。人間も動物も平等であって、カナダは「動物たちの国であり、男と女の国であり、LGBTQの国」とした。

 

一方で、自身の状況については「(気分は)あまりよくない」と語り、亡くなった後も天上界に還れず、地縛霊となっている様子が伺えた。

 

ウッドの霊は「異性婚で子供が生まれることが堕落の始まり」として、神が男女を分けたことを批判。同性愛が原因で罪を犯したとしても、それは罪でなく、純粋な愛だと主張し続けた。

 

 

キャリントン霊:同性愛と異性愛の屈折した感情

ウッドの霊に続いて、大川総裁のもとにドーラ・キャリントンという女性の霊が現れた。

 

ドーラ・キャリントンは1893年にイギリスに生まれた画家。1995年に製作された映画「キャリントン」でもその一生が描かれた。

 

キャリントンは同性愛者であるリットン・ストレイチーという男性と惹かれあい、同居していたが、別の同性愛者であるレイフ・パートリッジという男性と結婚。3人で生活しながら、お互いにさまざまな愛人を持つなど、きわめて複雑な人間関係の中を生きた。キャリントンはストレイチーの死後、38歳で自殺している。

 

生前は、同性愛を擁護する立場にあったキャリントン霊は、「LGBTの真実、真相について聞くため」に現れたと告白。死後も「天国なのか地獄なのか分からない」とした上で、「LGBTの考えを世界に広げることはよいことだと思っているが、もし悪いことなら、活動家に警告をしなければいけない」と語った。

 

 

「動物的な欲求に執着したり、色情地獄に通じている場合は、非常に危険」

いずれの霊も、生前に同性愛を肯定していたものの、死後、魂が幸福な状態にいるわけではないことがうかがえる。幸福の科学ではこれまで、同性愛に関する霊言をさまざまに収録してきたが、その霊の状態は2つに分かれる。

 

一つは、迷いの中にある例。例えば、QUEENのボーカルであるフレディ・マーキュリーの霊は、「愛は肉体を通じて表現しないといけない」としつつ、死後、自身がこの世で迷っている理由を神に聞きたい、とした。(『公開霊言 QUEENのボーカリスト フレディ・マーキュリーの栄光と代償』より)

 

もう一つは、神近き世界にいる例だ。同性愛者としても知られる小説家オスカー・ワイルドの霊は、「少し変わった傾向の人が一部いるが、人々は彼らに寛容になるべき」としつつ、「純粋な愛とは、性別を超えて『魂の純粋さ』を愛すること。動物的な本能の愛は社会秩序や安定の崩壊をもたらす」とした。(『オスカー・ワイルドの霊言 ほんとうの愛とLGBT問題』より)

 

大川総裁は、カナダ講演からの帰国後、英語説法「What I thought in Canada(カナダで考えたこと)」を収録。LGBT問題について、「LGBTの人たちが動物的欲求や動物的欲望にだけ執着していたり、色情地獄に通じている場合は、非常に危険ですので心を変えるべき」とした一方、「神への正しい信仰を持っている場合は、霊的な人であるはずなので、天国に行く可能性があります」とした。

 

同性愛に付随して、「肉体への執着」「相手への執着」が生まれたときに問題が生じうる。また、同性愛を積極的に広げることによって、人類が存続できなくなるというリスクがあるのも事実だ。しかし、同性愛者を迫害することも、多くの人々の不幸につながりうる。

 

地上で同性愛者だったとしても、その心の傾向には違いが出る。さまざまな立場の霊人の語る言葉からは、「愛」とは何か、未来社会のあるべき姿とは何かを探究する機会となりそうだ。

 

本霊言では、他にも次のような論点への言及があった。

アレキサンダー・ウッドの霊言

  • 神が「男と女」を創った理由をどのように考えているか
  • 人間の尊厳を何であると考えているか
  • LGBTQを広める「本当の目的」とは何か

 

ドーラ・キャリントンの霊言

  • 複雑な夫婦・愛人関係についての本心
  • 霊界でどのような生活を送っているのか
  • 世界につながるLGBTの世界とは

 

ここに紹介したのは霊言のごく一部です。

詳しくは幸福の科学の施設で、ぜひご覧ください(下記参照)。

・幸福の科学サービスセンター Tel:03-5793-1727

 火~金/10:00~20:00 土日祝(月曜を除く)/10:00~18:00

・同グループサイトの支部や精舎へのアクセス

 http://map.happy-science.jp/まで。

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

タグ: カナダ  同性愛  LGBTQ  霊言  招霊  アレキサンダー・ウッド  ドーラ・キャリントン  フレディ・マーキュリー  

Menu

Language