あなたのお金が消える キャッシュレス4つのリスク Part.1

あなたのお金が消える キャッシュレス4つのリスク Part.1

写真提供:ピクスタ

 

2019年12月号記事

 

あなたのお金が消える
キャッシュレス4つのリスク

 

政府はキャッシュレスの決済比率を2025年までに40%、将来的には80%にする方針を示している。

「現金のない社会」は、本当に理想的なのだろうか。

(編集部 山本慧、山本泉)

 


contents


 

【キャッシュレスの種類】

カード決済

  • プリペイド
  • デビット
  • クレジットなど

 

電子マネー

  • 交通系 (Suicaなど)
  • 流通系

 

モバイル決済

  • コード決済 (PayPay、 LINE Payなど)

 

 

 10月の消費増税とともにスタートしたキャッシュレスのポイント還元。今年はキャッシュレスの利用者が急増し、「キャッシュレス元年」と言われている。

 ある30代のファイナンシャルプランナーは、「利用者が増えたのは、所得が伸びないためです。少しでも支出を減らすため、ポイント還元でお得に買い物をしたいのでしょう」と話す。

 しかし、使わない人にとっては何のことやら。まずは基本を確認したい。キャッシュレスとは、クレジットカードやQRコード、電子マネーなど、現金ではない決済方法のこと。政府は増税対策として、来年6月までの期間限定で、キャッシュレスを利用した消費者に商品・サービスの2%または5%分を還元する。

 キャッシュレスはメリットが強調され、デメリットが軽視されている向きがある。正しく付き合っていくために、リスクを整理したい。

 

Part2に続く  

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

タグ: 2019年12月号記事  キャッシュレス  リスク  カード決済  電子マネー  モバイル決済  

Menu

Language