トランプ米大統領が国連総会で演説 イラン包囲網の構築を呼びかけ

 

トランプ米大統領は24日、国連総会で一般討論演説を行いました。

 

その主要論点は、イランでした。トランプ氏は「脅威をあおる行動を続ける限り、制裁は解除されず、逆に強化される」と、さらなる制裁の可能性を示唆。「全ての国は行動する責務がある。責任ある政府はイランの流血行為を支援すべきではない」と、各国にイラン包囲網の構築を呼びかけました。

 

一方で、対話の道が残されていることも示しました。

 

「アメリカは、平和と尊敬を求めるすべての人との友情を受け入れる用意がある。(中略)我々が望んでいるのはパートナーであり、敵ではない。戦争を仕掛けることは誰でもできるが、平和の道を選ぶのは、最も勇敢な者だけだとアメリカは理解している。(中略)アメリカの目標は、終わりのない戦争ではない」

 

これまでトランプ政権は、イランのロウハニ大統領との対話を模索していました。しかし、サウジアラビアの石油施設に対する攻撃をめぐり、イランへの国際的非難が高まったため、現時点で、対話は困難との見方が強いです。

 

イランの最高指導者ハメネイ師も17日、「イランは政府のどのレベルにおいても、アメリカとは対話しない」と述べ、トランプ氏とロウハニ氏の首脳会談を認めない考えを示していました。

 

また、安倍晋三首相は24日、国連で一般討論演説を行い、こう述べました。

 

「イランの最高指導者ハメネイ師が私に直接言った核に関する3つの否定、すなわち『持たず、作らず、使わない』ことをファトワー(宗教令)にし徹底したという言明を、貴いものと思います。今朝も、ロウハニ大統領と通算9度目の会談をいたしました。大国イランに、その豊かな歴史からする叡智に基づく行動を求めることは、私の変わらぬ役割です」

 

2ページ目から全文をお読みいただけます

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language