今そこにある危機! 中国は、尖閣諸島奪取に向けて波状攻撃を仕掛けていた

今そこにある危機! 中国は、尖閣諸島奪取に向けて波状攻撃を仕掛けていた

写真:Igor Grochev / Shutterstock.com

 

《本記事のポイント》

  • 米シンクタンクが、尖閣諸島の危機をレポート
  • 中国は、物理的・非物理な手段を駆使し、いずれ尖閣諸島を占領する
  • 日本は、中国が仕掛ける「既成事実化」を拒否する戦略を立てる必要がある

 

米シンクタンク「戦略予算評価センター(CSBA)」の上級研究員を務めるトシ・ヨシハラ氏が、尖閣諸島をめぐる中国の対応が激しさを増しており、危機的な状況を迎えていると警告を発している。

 

CSBAが8月に発表した報告書で、ヨシハラ氏は「中国の尖閣に対する威圧態勢」と題したレポートを寄稿。その中で同氏は、「中国政府が、海軍や海警(海上保安庁に相当)、漁船、メディアなど多様な手段を用いて、日本の抵抗力を弱め、日本政府の『尖閣諸島の領有権問題は存在しない』という主張を崩しつつある」という趣旨を述べている。

 

 

物理的な波状攻撃で、施政権奪取を狙う

ヨシハラ氏の分析で興味深い点は、「中国が海警や漁船、海軍、空軍を使って『同心円的な力による輪』を構成し、その輪縄を思うように締め上げたり、緩めたりできる」ということだ。

 

中国は、日本に対して不満がある時には輪縄を締め上げ、協力したい時は緩めたりして、日本にシグナルを発信している。

 

さまざまな組織を駆使することで、ある意味で、波状攻撃的に尖閣諸島を"包囲"し、日本に同諸島を手放させるように仕向けているといえる。

 

 

非物理的な手段で、施政権奪取を狙う

この他にもヨシハラ氏は、次のような特徴を紹介し、非物理な手段による「威圧態勢」にも言及している。

 

「中国政府は、公船を尖閣諸島に派遣するたびに、政府の公式ウェブサイトで発表し、自国のメディアが忠実に報道する」

 

「尖閣諸島の領有権についての広告を海外紙に出し、中国メディアも定期的にアナリストや学者、軍人OBを取り上げ、彼らに政府の意見を代弁させている」

 

中国は軍民一体となり、メディアなどの非物理的な手段も用いて、尖閣諸島の施政権奪取を画策している。

 

 

日本人の「現状維持意識」を巧みに利用

日本のマスコミは、中国の準軍事組織である海警などが、尖閣諸島の周辺海域などに進出していることを報じている。だが、中国の動きをバラバラに伝え、国民に全体観をもって伝えているとは言い難い。

 

今後も尖閣諸島への領海侵犯が日常化すれば、日本国民の関心はさらに低くなり、尖閣問題の優先順位を下げるだろう。中国の異常行為も"正常"ものとして受け入れ、現状を追認するかもしれない。中国は、"日本の現状維持意識"を巧みに利用しているといえる。

 

中国は、そうした威圧態勢を通じた「消耗戦」を仕掛け、日本の抵抗力を押し下げようとしている。その際、日本が反撃に出ないと見るや否や、尖閣諸島を一気に占領する可能性もある。

 

日本が警戒すべき問題は、尖閣諸島は中国領土であるという「既成事実化」だ。日本政府は、既成事実化を拒否する戦略をたてる必要があるだろう。

(山本慧)

 

【関連記事】

2019年10月号 アメリカは「中国打倒」を決めた 中国を封じ込める「九州防衛」戦略

https://the-liberty.com/article.php?item_id=16171

 

2019年8月5日付本欄 自衛隊初の宇宙部隊を2020年に創設 宇宙を舞台にした国防のあるべき姿は

https://the-liberty.com/article.php?item_id=16111

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

タグ: 軍人  尖閣諸島  施政権奪取  漁船  海軍  トシ・ヨシハラ  

Menu

Language