病気になってしまったら / ストレスに負けない 社長の健康力 STEP 03

病気になってしまったら / ストレスに負けない 社長の健康力 STEP 03

 

2019年10月号記事

 

ストレスに負けない

社長の健康力

 


contents


 

STEP 03 病気になってしまったら

 

胃がんをきっかけに
より大きな使命に生きる

 

経営者には重いストレスがかかり、病気になってしまうことも。

病気になったら、どう考えるべきか。

胃がんを経験した経営者に話を聞いた。

 

東條経営科学研究所 代表取締役社長

東條 保子

(とうじょう・やすこ)1947年佐賀県生まれ。旧東京教育大学(現・筑波大学)卒業後、日本IBM株式会社にてプロジェクトマネージャーなどを歴任。1998年に起業し、経営コンサルティングやITイノベーション、人材教育など幅広いサービスを展開している。

 子供のころから「死ぬ3日前まで仕事をしたい」と思っていました。1969年、女性でも定年まで働けるIT企業「IBM」に入社し、24時間365日、働きました。好きで仕事をしていて、病気をしたことはなかったのです。

 米IBMのトップは、日夜忙しくても、すがすがしくにこやかなのが不思議でした。プロテスタントなので、仕事を天職ととらえている。そして会社が大きくなっても「社員は家族」というような温かい雰囲気でした。「私もいい宗教に入りたい」と教えを求めていて、43歳の時、幸福の科学に出会いました。『太陽の法』(大川隆法著)には、「死んだらどうなるか」など今まで疑問に思っていたことの答えがすべて書いてあり、「これはすごい」と思い、入会したんです。

 日本IBM社長の近くで働いていましたが、「人生には限りがある。もっと自分の時間をつくって、幸福の科学の勉強をしたい」と思い、50歳で退職。51歳の時、起業しました。

 

次ページからのポイント

「自責の念」で胃がんに

病気を契機に、志を考え直す

心が変われば、経営も変わる

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2019年10月号記事  著名知識人  社長  健康力  経営者  ストレス  病気  自責の念      経営  考える  東條保子  

Menu

Language