「UFOは未来から来たタイムマシーン」説を米大学教授が提唱

「UFOは未来から来たタイムマシーン」説を米大学教授が提唱

 

《本記事のポイント》

  • アメリカの自然人類学教授が、「未来の地球人がUFOに乗ってやって来る」と主張
  • 他人の目を気にせず、独自の説を出すアメリカ
  • UFOの謎に触れる学者が少ない日本

 

UFO研究で独自の仮説を唱える学者が、また一人現れ、学術界に"殴り込み"をかけている。

 

米モンタナ州のテレビ局「4KXLF.com」で紹介された人物は、モンタナ工科大学で自然人類学を研究するマイケル・P・マスターズ教授。進化を研究する人類学者である彼は、3月に出版した著書『Identified Flying Objects』で、「UFOは、我々の遠い子孫たち、つまり未来の地球人が、過去の地球人がどのように進化したかを研究するために、時間を超えてやってきたものだろう」と主張している。

 

エイリアンに遭遇した人々のデータを分析すると、証言内容は似通っているという。マスターズ教授は「エイリアンたちは、二足歩行、直立歩行、両手両足に5本指、左右対称の体、口や鼻があり、我々の言語で会話ができる」ことに注目。

 

そのうえで、人類が、脳の形や体格の変化、体毛の減少、より高くなる知性、複雑な道具や文化を創り上げ、進化を遂げてきたことから、「エイリアンは、今後も進化し続ける未来の人類の姿ではないか」という仮説を提唱した。

 

エイリアン遭遇の報告で多いエイリアンの種類はグレイ。本当に「未来の人類はグレイなのか?」という複雑な気持ちも出てくるが、UFOがタイムトラベルするという説は存在するし、人類がそういったテクノロジーを持つ可能性は、理論上あり得る。

 

 

他人の目を気にせず、独自の説を出すアメリカ

さらにマスターズ教授が、自分の専門分野でUFOの研究に着手し、「UFOコミュニティの人たちだけではなく、学術界の同僚の学者たちにも向けて著した」と、堂々と主張していることも驚きである。このような学者はまだ少ないとはいえ、新しい説が出続けることがアメリカの良さだ。

 

以前、本欄で紹介したハーバード・スミソニアン天体物理学センターのエイブラハム・ローブ教授は、「太陽系外から飛来した謎の天体は、エイリアンの探査機ではないか」という仮説を立てて、大きな話題を呼んだ。最近の米紙ワシントン・ポストに対しては、「同僚から何と思われようと気にしない」とまで語っている。

 

「この広い宇宙で、地球にしか知的生命体が存在しないとは思えない」と主張する学者はいくらでもいる。しかし、世界中で多くの証言があるにもかかわらず、UFOの謎に触れる学者はまだ少ない。どんどん新説を唱える学者が現れてほしいものだ。(純)

 

【関連記事】

2018年12月7日付本欄 学者も宇宙人を想定 いつまでも無視できない宇宙人の存在

https://the-liberty.com/article.php?item_id=15180

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

タグ: UFO  タイムマシーン  マイケル・P・マスターズ  エイリアン  エイブラハム・ローブ  

Menu

Language