HSUで初の卒業式 大川隆法総裁が卒業生を激励 - 大川隆法総裁 法話「道なき道を歩め」

HSUで初の卒業式 大川隆法総裁が卒業生を激励 - 大川隆法総裁 法話「道なき道を歩め」

 

2019年5月号記事

 

法話

 

HSUで初の卒業式

大川隆法総裁が卒業生を激励

 

「道なき道を歩め」

2019年3月17日 ハッピー・サイエンス・ユニバーシティ

 

 幸福の科学の「高等宗教研究機関」であり「日本発の本格私学」である、ハッピー・サイエンス・ユニバーシティ(HSU)四年制過程で、3月17日、初の卒業式が行われた。

 HSUは文部科学省の認可を受けた「大学」ではない。当時、同省の不認可の判断には各界から疑問の声が寄せられた。普通ならあきらめるところだが、大川総裁は開学を決断。志ある学生たちが集った。

 結果、開学4年も経たないうちに、英語教育では目を見張る成果が出ており、理系の未来産業学部では、特許の取得や企業との共同研究も行われている。卒業生の就職内定率は99%で、企業からも高い評価を得ており、官公庁への就職も決まっている。

 

大川総裁の法話に引き続き、卒業証書の授与、来賓や卒業生代表による挨拶などが行われた。

 

 

HSU教育の強みとは

 卒業式では、HSU創立者である大川隆法・幸福の科学総裁が「道なき道を歩め」と題した法話を行った。

 法話の冒頭、大川総裁は開学時のことに触れながら、「たとえ役所や国が何と言おうとも、必要なものは必要である。この国の未来にとって必要、世界にとって必要なら、やるしかないということで開学に踏み切りました」と語り、入学を決断した卒業生たちの勇気を称えた。

 さらにHSUの教育の特徴として、最先端の学問を凌駕する内容のみならず、人生教養、修養に当たる部分が入っていること、実社会での仕事経験を経た教員が教えていることなどを挙げた。社会に出て働くことの厳しさにも触れながら、「帝王学をしっかり教えているので、人が使えるような人材、未来が見える人材になる」と期待をかけた。

 最後は、「耐えて、耐えて、耐え抜いて、道を拓いてください。必ずや未来は明るいものとなると思います」と卒業生たちを力強く激励し、法話を締めくくった。

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

タグ: 2019年5月号記事  大川隆法  法話  道なき道を歩め  ハッピー・サイエンス・ユニバーシティ  HSU  卒業式  帝王学  特許  

Menu

Language