「お客様第一」は伝わる - 『人格力』講義(3)

「お客様第一」は伝わる - 『人格力』講義(3)

 

2019年1月号記事

 

個人の人生、社会、国家、人類、地球そして宇宙。

すべてを幸福な未来へ導くための羅針盤として、ワールド・ティーチャー(世界教師)大川隆法総裁の法話をお届けしてまいります。

 

大川隆法 未来への羅針盤

 

World Teacher's Message No.263

 

『人格力』講義 ③

「お客様第一」は伝わる

2018年6月16日 幸福の科学・特別説法堂

 

ビジネス界のリーダーたちに評判の『人格力』。
このほど説かれた法話「『人格力』講義」を全5回にわたって掲載します。

 

『人格力』

『人格力』

大川隆法著

幸福の科学出版

 前回は、「能力が変われば環境が変わる」という話をしました。

 相手を詳しく知るのは、時間がかかりますし、そう簡単でないのは事実です。ただ思いのほか、いろいろな人がいろいろな目で見て、各人の能力や見識、人格などを感じ取っていることを知っておいたほうがいいでしょう。長い目で見て、それは外れません。

「人前だけよく見せたら、それ以外のところで舌を出していても、分からない」と思っている方もいるかもしれませんが、やはり、人格は見抜かれます。

 上司がいる前ではよく振る舞って、いないところでは部下をぞんざいに扱うような裏表がある人もいます。分からないと思っているかもしれませんが、だんだん見えてきます。これは知っておいたほうがいいです。

 能力のある人が宝の持ち腐れで使われずに終わるということはほとんどありませんし、もしそうなれば、おそらくその会社や組織は傾いて潰れるだろうと思います。

 だから、「会社が潰れないようにするにはどうしたらいいか」とよく聞かれますが、『人格力』でも書いたように、「世の中に必要なものとなれ」と答えています。

 世の中に必要なものになろうと思えば、一番いい努力をしてみせなければいけません。それは、自分たちの持っている「強み」を出すことです。そのためには、お客様のためになることを仕事として考えている人間が前面に出て、上に上がってくる組織でなければ駄目です。お客さんのことを考えず、自分の保身しか考えていないような人ばかりでは、嫌な感じ、ぞんざいな感じがあります。

 

続きは2ページ目以降へ

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2019年1月号記事  羅針盤  人格力  組織  商品  お客  経営      適材適所  モリカケ問題  官僚  隠蔽  責任  戦争  

Menu

Language