人材不況 - 「将の器」がGDPを再び伸ばす「人格経営」のすすめ Part 2

人材不況 - 「将の器」がGDPを再び伸ばす「人格経営」のすすめ Part 2

三角屋根の建物が旧武藤山治邸(兵庫県神戸市)。

 

2018年11月号記事

 

「将の器」がGDPを再び伸ばす

「人格経営」のすすめ Part 2

 


contents


 

Case(1)

 

人材不況 1

無責任体質

責任の器が広がれば経済は成長する

 

カネボウ 武藤山治

Sanji Muto

 

 自分の責任ではない。あの人材で、あの環境では、仕方がなかった―。

「人のせい、環境のせい」にする無責任体質が日本全体に蔓延している。その例は、スルガ銀行の不正融資や東芝の不正会計など、枚挙にいとまがない。

 また、歴代政権は選挙に勝つためにバラまきを続け、1000兆円を超える借金をつくり、財源がなくなると、増税の必要性を訴える。

 財界を代表する日本経済団体連合会(経団連)は、本来であれば反対すべき立場であろうが、政府を刺激しないように、"忖度"し、増税に賛成している。

 そのような「責任をもって行動しない姿勢」が、日本経済の低迷につながっている。

 今のリーダーに必要なのは、「責任の範囲を広げる姿勢」だろう。かつてそれを実践し、「責任の男」と呼ぶべき人物がいた。鐘淵紡績(現・カネボウ)の社長を務めた武藤山治(1867~1934年)だ。武藤は鐘紡を戦前最大の紡績会社にした「中興の祖」として知られる。

 福沢諭吉の直弟子だった武藤は、福沢が説いた「独立自尊」を一生涯貫き、社員を家族のように愛する経営を主導。「日本的経営の祖」と呼ばれている。

 ここでは、「責任の器」の広げ方が分かる3つのエピソードを紹介する。

 

 

奴隷工場を天国的な場所に

 1つ目は、社員の幸福を考えて福利厚生を整え、奴隷工場を天国的な場所に変えたことだ。

 武藤が入社した1894年、紡績工場は今でいう3K(きつい、危険、汚い)が当たり前だった。女性の工場労働者は奴隷同然に扱われていた。

 労働者の生活を守るのが、経営者としての責務だ―。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

社会主義と戦う

「公の精神」が経済を浮上させる

リーダーの気概が日本を変える

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2018年11月号記事  人格経営    GDP  無責任体質  カネボウ  武藤山治  権力の私物化  公の精神  カルピス  三島海雲  山川徹  著名知識人  勇気  気概  ヤマト運輸  小倉昌男  

Menu

Language