神を信じると「罪」になる国・北朝鮮 それでも信仰を捨てないキリスト教徒の戦い

 

「1980年代後半、北朝鮮は宗教の自由が存在するかのように宣伝しようとして、平壌に鳳岫教会と長忠聖堂を建てた。信仰が全くない『本物のアカ』で信者席を無理やり埋めた。時がたつにつれ、変化が生じた。説教を聞き、賛美歌を歌う中で、『本物の信者』になっていった――」

 

27日付の朝鮮日報に掲載されたインタビューでこう語るのは、2016年に脱北して韓国に亡命した太永浩(テ・ヨンホ)元駐英北朝鮮公使です。今月中旬、『3階書記室の暗号』という北朝鮮の内情を暴露する著書を韓国で出版し、話題になっています。

 

太氏は、北朝鮮でキリスト教の信仰に出会った国民について、「一見、偽信者のように思えるが、内面は本物の信者だ」と述べています。このエピソードは、北朝鮮の人々が、心のどこかで信仰を求めていることを表しているといえます。

 

実際に北朝鮮では、当局の過酷な弾圧にも屈さず、信仰を守り続けているクリスチャンが数多くいます。本欄では、北朝鮮内部で戦う、信仰を持つ人々に焦点を当てて、北朝鮮に信教の自由を広める必要性について考えていきます。

 

2ページ目から全文をお読みいただけます

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language