都民100人が豊洲移転賛成デモ 本当の都民ファーストとは?

 

《本記事のポイント》

  • 都民約100人が、豊洲移転を求めるデモを実施
  • 豊洲市場の建設費6000億円が無駄になりかねない
  • 都議選を見据えたパフォーマンスをやめ、本当の都民ファーストを

 

小池百合子・東京都知事が8月末に豊洲市場の移転延期を宣言してから、約8カ月経過した。移転をめぐっては、世論の反応が分かれる中、東京都民約100人が27日に、「小池都政、無責任政治をやめようデモ」を行い、移転を求める声を上げた(主催は幸福実現党東京本部)。

 

デモに先立ち、幸福実現党の神武桜子副党首が挨拶。東京都へ住民監査請求が行われたことを踏まえ、「税金を無駄遣いしない都政を求める」と参加者へ呼びかけた。

 

参加者は、新宿中央公園から都庁周りを練り歩き、「小池知事は、1日も早く豊洲市場の安全宣言を出すべきだ」「首都東京から、有事に備える防災対策をするべきだ」などと、シュプレヒコールを上げた。

 

 

建設費6000億円はどこへ?

主催者である同党東京都本部の吉井利光代表はこう語る。

 

「豊洲市場の建設には約6000億円の税金がかかっているのに、移転しないことで、そのお金が無駄になっています。マスコミは、『豊洲は危ない』と報道していますが、実際は『築地の方が衛生上危険』です。税金を無駄にしないために、豊洲の"安全宣言"と、移転を知事に求めます」

 

吉井氏らは3月28日、東京都庁へ「豊洲移転を求める陳情書」を提出している。

 

豊洲市場が立地する江東区で活動する表奈就子氏は、「豊洲市場に関係している地元の方は、都から通達なしで、移転延期が宣言され、たいへん怒っていらっしゃいます。区民の方も、施設や一部道路が完成しているのに、延期するのはおかしいと言われます」と区民の不満を代弁した。

 

さらにデモでは、朝鮮半島の有事における防災訓練の実施を求める訴えも行われた。吉井氏は、緊迫化する北朝鮮情勢について触れ、「防災対策も全国的に不十分です。まず首都の東京が、率先して防災訓練を行うべきです。区議会にも防災訓練の実施を働きかけていきます」と語った。

 

デモに参加した50代女性は、「移転を延期することで、都民の税金が失われていくのは許せない。税金を正しく使ってほしい」と話した。

 

また70代女性は、「築地市場の老朽化と衛生環境を見たら、豊洲移転が正解と考える方が合理的です。過去の決定をひっくり返すのではなく、オリンピック・パラリンピックなど、未来へ向かって東京を発展させてほしい」と話した。

 

「都民ファースト」を掲げている小池知事だが、豊洲移転の延期をめぐる7月の都議選を見据えたパフォーマンスにより、都民の心が離れつつある。本当の「都民ファースト」を求める声に耳を傾けるべきだろう。

(HS政経塾 山本慈)

 

【関連記事】

2017年4月12日付本欄 東京都が豊洲問題で業界団体と話し合い 合意ないまま進む改修案に業界反発

https://the-liberty.com/article.php?item_id=12844

 

2017年3月28日付本欄 「築地市場の豊洲移転を求める陳情書」を幸福実現党が提出

https://the-liberty.com/article.php?item_id=12789

 

2017年2月10日付本欄 騒いだ結果が「ムダ金」「風評被害」「派閥争い」……築地に行って見えた本当の「移転問題」(後編)

http://the-liberty.com/article.php?item_id=12571

 

2017年2月9日付本欄 黒い排ガス、戦前の建物……築地に行って見えた本当の「移転問題」(前編)

http://the-liberty.com/article.php?item_id=12568

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language