クレームを「明日のお客様」に変える方法 - なぜ、あの店にはまた行きたくなるのか? -元 西武百貨店お客様相談室長 元 スターバックスコーヒージャパンCEO 直伝

クレームを「明日のお客様」に変える方法 - なぜ、あの店にはまた行きたくなるのか? -元 西武百貨店お客様相談室長 元 スターバックスコーヒージャパンCEO 直伝

 

2015年10月号記事

 

なぜ、あの店にはまた行きたくなるのか?

クレームを「明日のお客様」に変える方法

元 西武百貨店お客様相談室長
元 スターバックスコーヒージャパンCEO 直伝

 

いつの間にか、お客様の数が減っている。そんな時には、改めて「クレーム」に目を向けてみてはいかがだろうか。そこに、お客様を増やすヒントが詰まっているはずだ。

(編集部 河本晴恵、冨野勝寛)

 

 

 あなたには、何度も行きたくなる、お気に入りの店はありませんか。一方で、利用していた店に行かなくなった経験はないでしょうか。そのとき、その理由を店側に言わないことがほとんどではありませんか。

 顧客は黙って離れていくのが世の常です。だからこそ寄せられた「1件のクレーム」への対処法が会社の命運を決することがあります。その背後には、他の何十人もの不満の声や会社の問題が隠れていることがあるからです。

 最近話題になったのは、「異物混入」事件に対する食品関係企業の対応の差です。

 顧客の高い評価を受けたのは、「ペヤングソース焼きそば」を製造・販売する「まるか食品」。製品への「虫の混入」がツイッターなどで騒ぎになり、昨年12月から半年以上、販売を中止しました。同社はすぐに自主回収して、調査を開始。そして「混入が否定できない」ことが分かると生産ラインを徹底的に改善したのです。今年6月に満を持して販売を再開すると、品切れが続出する大ヒットとなり、同月のカップ麺の国内シェア1位を獲得しています。一連の誠実な対応が、顧客の心を離さなかったようです。

 一方、有名ファーストフードチェーンは相次ぐ異物混入事件が起きたものの、対応の遅れが目立ちました。また、消費期限切れ肉の使用が発覚した後には「自分たちは被害者」という、顧客を無視するかのような発言が批判の的になりました。

 このように、クレームへの対応は企業から顧客へのメッセージとなり、信頼に大きく関わってきます。次のページからのインタビューで、対応の基本やマインドを学んでいきましょう。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

インタビュー / 関根眞一氏、岩田松雄氏

お客様の声を生かすために実践すべきこと

プロの智慧など

 

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2015年10月号記事  クレーム  関根眞一  岩田松雄  一倉定  ミッション  お客様の声  著名知識人  

Menu

Language