rss

タグ「誹謗中傷」の記事一覧

  • 教団批判の奥にある宏洋氏の「欲望」 【宏洋氏の嘘を検証する(3)】

    2019.07.05
    教団批判の奥にある宏洋氏の「欲望」 【宏洋氏の嘘を検証する(3)】

      「嘘も100回言えば、真実になる」──。   これは以前、本誌のインタビューに応じたある専門家が、中国共産党の体質について語った言葉だ。南京大虐殺しかり、尖閣諸島の領有権しかり、ということだった。   本欄では、幸福の科学を誹謗中傷する大川宏洋氏の嘘について問題視しているが、彼は、この言葉を地で行く人物と言えるだろう。...

  • 「教団がおかしい」から飛び出した? 【宏洋氏の嘘を検証する(2)】

    2019.07.04
    「教団がおかしい」から飛び出した? 【宏洋氏の嘘を検証する(2)】

      幸福の科学を誹謗中傷する大川宏洋氏──。   今回、本欄では、宏洋氏が大学在学中に携わった教団の映画事業、大学卒業前後に就任した理事長職、そして、一度民間企業に出向した後、教団に復帰して芸能事務所の社長を務めた間の出来事に関する宏洋氏の「嘘」に焦点を当て、問題を整理していく。     2年積み上げてき...

  • 嘘をつくことは「言論の自由」ではない 【宏洋氏・保守雑誌「WiLL」の嘘(3)】

    2019.06.28
    嘘をつくことは「言論の自由」ではない 【宏洋氏・保守雑誌「WiLL」の嘘(3)】

      《本記事のポイント》  宏洋氏の「異を唱えると『悪魔』」という主張は嘘  宏洋氏の「講演会の質問は職員か信者さん限定」という主張も嘘 「総裁の長男」という肩書きを「飯の種」にするさもしさ   「『清水富美加が世界で一番可愛い』と言う父に対して、『戸田恵梨香の方が可愛い』と反論した人...

  • 幸福の科学が大川宏洋氏を懲戒免職処分

    2019.06.26
    幸福の科学が大川宏洋氏を懲戒免職処分

      幸福の科学は、25日付で、大川隆法総裁の長男であり、かつて教団の理事長職にあった大川宏洋氏を懲戒免職処分とした。   教団側は処分の理由について、以下のように発表している。   「三宝帰依(注1)違反、和合僧破壊活動(注2)、ネット媒体や月刊誌・週刊誌を用いて神聖なる信仰の対象である主エル・カンターレ、そのご家族と当教...

  • 「なりきる」ことを霊言と称する宗教的教養の足りなさ 【宏洋氏・保守雑誌「WiLL」の嘘(2)】

    2019.06.26
    「なりきる」ことを霊言と称する宗教的教養の足りなさ 【宏洋氏・保守雑誌「WiLL」の嘘(2)】

      月刊「WiLL」(2019年8月号)が、「『霊言』なら僕にもできますよ」と題した、幸福の科学を誹謗中傷する大川宏洋氏(6月25日付で幸福の科学を懲戒免職処分。以下、宏洋氏)の対談記事を掲載した。   記事は、宏洋氏が数カ月前からユーチューブや週刊誌で語ってきた「嘘」の焼き直し。「なぜ改めてこんな記事を載せるのか?」と首をかしげたくなる内容だ。 ...

  • 現代人を迷わす哀れな科学哲学者 - 高橋昌一郎氏と週刊新潮 - The Liberty Opinion 3

    2015.07.30
    現代人を迷わす哀れな科学哲学者 - 高橋昌一郎氏と週刊新潮 - The Liberty Opinion 3

      2015年9月号記事   The Liberty Opinion 3   高橋昌一郎氏と週刊新潮 現代人を迷わす哀れな科学哲学者   「週刊新潮」が、科学哲学者で國學院大学教授の高橋昌一郎氏の連載コラム「反オカルト論」の中で、何度も大川隆法・幸福の科学総裁による霊言を茶化すなどして信...

  • やっぱり「真実とはいえない」週刊新潮の記事

    2011.06.03
    やっぱり「真実とはいえない」週刊新潮の記事

      やっぱり「真実とはいえない」週刊新潮の記事 幸福の科学への中傷を繰り返す悪質報道   幸福の科学グループへの誹謗中傷を繰り返す「週刊新潮」だが、5月末、その週刊新潮が掲載したある記事に、またもや「真実ではない」という判決が下った。   週刊新潮は2009年6月11月号で、読売新聞の全国での発行部数の30%から4...

  • 子供を狙うケータイの闇

    2008.07.14
    子供を狙うケータイの闇

    2008年9月号記事   知らないではすまされない ~大人の知らない世界~   援助交際、脅迫、薬物売買、誹謗中傷、自殺仲間募集……。いま、子供たちの携帯電話では、大人の想像を超えた世界が繰り広げられている。夏休みを機会に、便利さと危険性が同居した〝ケータイ〟の使い方について、親子で考えてみよう。(編集...

Menu

Language