rss

タグ「悪魔」の記事一覧

  • 松下金融担当相を"殺した"「週刊新潮」に見る悪魔性 マスコミ界の浄化・淘汰の時代が来た - Newsダイジェスト

    2012.09.26
    松下金融担当相を"殺した"「週刊新潮」に見る悪魔性 マスコミ界の浄化・淘汰の時代が来た - Newsダイジェスト

      2012年11月号記事   松下忠洋金融・郵政民営化担当大臣が9月10日に自宅で首吊り自殺したが、その2日後に発売の「週刊新潮」に掲載された女性問題の記事を苦にした自殺という見方が強い。 松下氏は、今年2月には復興副大臣に就任し福島県への対応で中心的役割を果たした。6月に金融・郵政民営化担当相になってからは、インサイダー取引問題やA...

  • 「霊言」とは何か-大川隆法のスーパー霊能力

    2011.10.27
    「霊言」とは何か-大川隆法のスーパー霊能力

    2011年12月号記事   大川隆法のスーパー霊能力 「霊言」とは何か -1-   松下幸之助、坂本龍馬、オバマ大統領の守護霊から悪霊、悪魔まで──。幸福の科学・大川隆法総裁の「霊言シリーズ」が毎週のように発刊され、「霊言ブーム」が起きている。だが、いったい「霊言」とは、どのようなものなのか。どのように収録され、その送られてくる&l...

  • 霊的視点で見た日本史の真実─奇跡の日本史 第3部

    2011.07.26
    霊的視点で見た日本史の真実─奇跡の日本史 第3部

    2011年9月号記事     奇跡の日本史 第3部 霊的視点で見た日本史の真実   自国の歴史に誇りを取り戻すには、輝かしい実績を列挙するだけでは足りない。 神々の視点から歴史を見直した時、我々は真の誇りを取り戻せる。大川隆法・幸福の科学グループ創始者兼総裁による霊言や霊査(注1)から歴史を見直してみる。 ...

  • もし日本の首相に悪魔が取り憑いたら─編集長コラム

    2011.07.26
    もし日本の首相に悪魔が取り憑いたら─編集長コラム

    2011年9月号記事     人間の本質は魂であり、この世でどんな生き方をしたかによって、死後の行き先が天国、地獄に分かれる。積極的に善を為して人々を導いたら天使や菩薩となる道が開け、積極的に悪を行って人々を苦しめたら悪霊・悪魔になる。 悪霊・悪魔は、地上に「人を不幸にしたい」と思っている人がいれば、その気持ちを増幅させ、より大きな悪を犯さ...

  • なぜ新潮社は宗教を憎むのか

    2011.03.25
    なぜ新潮社は宗教を憎むのか

    2011年5月号記事   「週刊新潮」が執拗に反・幸福の科学キャンペーンを張っている。2月3日号以降、かつて幸福の科学総裁補佐であった大川きょう子氏の虚偽に満ちたインタビューを複数回にわたって掲載したほか、3月10日号では、宗教法人課税について、誤解や無知に基づく記事を出している。 なぜ新潮社はこれほど宗教を憎むのか。その理由を探るべく、大川隆法・幸福の科学...

  • 学校教育と悪魔の自由について(下)

    2007.05.10
    学校教育と悪魔の自由について(下)

      2007年7月号記事 幸福の科学総裁 大川隆法 対機説法シリーズ 人生の羅針盤 第125回 学校教育と悪魔の自由について(下)     悪の世界を護ることで責任逃れをする教員 先月号では、「教員の名誉心や嘘偽り、自己保身の心などに悪魔が入ってきて、学校が邪教のような姿になっている」ということや、...

  • 学校教育と悪魔の自由について(中)

    2007.04.10
    学校教育と悪魔の自由について(中)

      2007年6月号記事 幸福の科学総裁 大川隆法 対機説法シリーズ 人生の羅針盤 第124回 学校教育と悪魔の自由について(中)   厚い身分保障が教員の堕落を生んでいる 先月号では、「学校が荒れてきた根本原因は、学校教育の現場から宗教を追い出したことにある」ということや、「いま、学校は塾との競争に敗れているが、塾...

  • 悪魔祓い師 エクソシストとは何者か

    2004.01.06
    悪魔祓い師 エクソシストとは何者か

    2004年3月号記事    カトリックの本拠地イタリア──。  ここでは教会公認のエクソシストが 300人も存在し、今日も祈りの力で“悪魔祓い”をしているという。  悪魔とは何か?  なぜ人間に憑依するのか? 「祈りの力」が有効なのはなぜか?  ...

Menu

Language