rss

タグ「学ぶ」の記事一覧

  • 「未来創造のマネジメント」

    2010.12.23
    「未来創造のマネジメント」

    2011年2月号記事   幸福の科学の急成長に学ぶ 「未来創造のマネジメント」   創立わずか20数年のうちに、戦後最大の宗教に成長した 「幸福の科学」。最近では、政党を立ち上げたほか、中高一貫校を設立し、世界約80カ国に信者を擁する一大グループとなっている。なぜ短期間でこれだけ発展できたのか。11月に発刊された経営論集『未...

  • 「漢検」バッシングは的外れ

    2009.02.10
    「漢検」バッシングは的外れ

    2009年4月号記事       外国人が漢字を学ぶ機会の創出を   文科省立ち入り検査 「漢検は儲けすぎ!」   文部科学省は2月9日、財団法人「日本漢字能力検定協会」(京都市)に立ち入り検査を行った。過去5年間で合計約20億円の利益を上げており、公益法人にしては利益...

  • そこまでやるか!の仕事術

    2006.07.09
    そこまでやるか!の仕事術

    2006年9月号記事 「トヨタ式」に学ぶ そこまでやるか!の仕事術   豊田佐吉、喜一郎という一介の発明家親子が起こしたトヨタが、ついに世界一を射程に入れた。その発展の原動力となった「カイゼン」「かんばん」などのトヨタ式の考え方は、今や多くの企業や団体に導入されるようになった。が、なかなかうまくいかないのが実情だ。なぜトヨタにできて、我々にはできない...

  • 行基、夢窓疎石、蓮如に学ぶ「国を動かす力」

    2005.10.07
    行基、夢窓疎石、蓮如に学ぶ「国を動かす力」

      2005年12月号記事 シリーズ 元気の出る 人物伝 第11回 行基、夢窓疎石、蓮如に学ぶ 国を動かす力   国を動かすのは、何も政治家とは限らない。   時として有徳の宗教家が現れて時代を動かすことがある。 奈良時代の行基、南北朝時代の夢窓疎石戦国初期の蓮如などは、その典型だ。 なぜ彼...

  • 乱世を生き抜く出世力

    2005.07.07
    乱世を生き抜く出世力

    2005年9月号記事 シリーズ 元気の出る 人物伝 第10回 長州・維新の志士に学ぶ 乱世を生き抜く出世力   源平の決戦など史上、数々の大転換の舞台となってきた中国地方。 中でも幕末の長州(現山口県)からは吉田松陰、木戸孝允、高杉晋作、山県有朋、伊藤博文など歴史にその名を残した人材が綺羅星の如く出現した。 激動の時代にあって...

  • 借金苦からの脱出法

    2003.09.05
    借金苦からの脱出法

    2003年11月記事 「自殺者を減らそう」キャンペーン第9弾  『幸福へのヒント』に学ぶ   サラ金、ヤミ金等から執ような取り立てに遭うなどして、借金苦から自殺する人が後を絶たない。しかし、どん底に落ちても人生は何度でもやり直せる。自殺しては絶対にいけない。   今回は、最新刊『幸福へのヒント』(大川隆法著・幸福の科学出版刊)をもとに、「...

Menu

Language