rss

タグ「信仰」の記事一覧

  • 帰天から半年経った渡部昇一氏の霊が語る「死後の生活」とは?

    2017.10.30
    帰天から半年経った渡部昇一氏の霊が語る「死後の生活」とは?

      公開霊言   「渡部昇一・死後の生活を語る」 2017年10月25日収録   「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現象)とは異なる。また、外国人の霊の霊言には、霊言現象を行う...

  • 台湾の民主化を進めた元総統・李登輝氏に学ぶ なぜ政治家には「信仰」が必要か

    2017.10.03
    台湾の民主化を進めた元総統・李登輝氏に学ぶ なぜ政治家には「信仰」が必要か

      《本記事のポイント》 台湾は独立国と発言した頼行政院長は、演説直前に李登輝元総統と面会。 李登輝氏が語る指導者の第一条件は「信仰」。 李氏は「天下為公」という信念を貫き、私心を捨てた。   台湾と中国の間では、台湾が「独立国家」であるか「中国の領土」であるかをめぐって、激しい舌戦が繰り広げられている。...

  • 大川隆法総裁が講演 危機の時代なのに日本の政治は平時のドタバタ

    2017.10.02
    大川隆法総裁が講演 危機の時代なのに日本の政治は平時のドタバタ

      北朝鮮の核・ミサイル開発が米本土に届くレベルに達するかという危機の中、日本では衆院の解散総選挙が決まった。このような時期に解散を決めた安倍晋三首相はこれを「国難突破解散」と呼び、野党第一党の「民進党」は、小池百合子東京都知事が代表を務める「希望の党」に"飲み込まれる"事態になるなど、混乱が続いている。   大川隆法・幸福の科...

  • マスコミが報じない トランプ大統領がぶれない理由

    2017.07.24
    マスコミが報じない トランプ大統領がぶれない理由

      《本記事のポイント》  批判を浴びるトランプ米大統領の政策は、実は本質を突いている  トランプ氏は演説でたびたび「神」「信仰」について語っている 「神の視点」を意識しているから、ぶれずに信念を貫ける   トランプ米大統領の言動は、常に物議を醸している。   ...

  • トランプ、「徳ある政治家」への道 ――官僚・マスコミとの“戦い方“ - 編集長コラム

    2017.06.29
    トランプ、「徳ある政治家」への道 ――官僚・マスコミとの“戦い方“ - 編集長コラム

    写真:Gamma Rapho/アフロ   2017年8月号記事   編集長コラム Monthly Column   トランプ、「徳ある政治家」への道 ―― 官僚・マスコミとの"戦い方"     「日出づる国」日本のミッショ...

  • 全部、言っちゃうね。 幸福の科学ってこんなとこ

    2017.04.29
    全部、言っちゃうね。 幸福の科学ってこんなとこ

      2017年6月号記事   全部、言っちゃうね。   幸福の科学ってこんなとこ   幸福の科学といえば、たくさんの本を出していて、街では建物を見かける。 ちょっと気になるけど、どんな教えで、何をやっているのかはよく知らない。 そんなあなたに、幸福の科学のホントのところを紹介します。 ...

  • 北朝鮮における過酷な宗教弾圧 それでも信仰を手放さない信者が語る「宗教の力」

    2017.04.28
    北朝鮮における過酷な宗教弾圧 それでも信仰を手放さない信者が語る「宗教の力」

      《本記事のポイント》 北朝鮮では、聖書を保持しているだけで逮捕され、拷問で殺されることもある 命の危険と戦いながら、北朝鮮の地下教会を支援して布教活動を続ける信者もいる 宗教は、苦しみから人々を救済する光であり、圧政から国民を守る「最後の砦」   北朝鮮において組織的な宗教活動は、「国家権力に対する潜...

  • 北朝鮮の核も国を守るための正義か 大川隆法総裁が高知で講演

    2017.04.24
    北朝鮮の核も国を守るための正義か 大川隆法総裁が高知で講演

    高知で講演する大川総裁。   女優・清水富美加(法名・千眼美子)さんの出家や、映画「君のまなざし」の公開を5月に控えるなど、幸福の科学グループはさまざまな形で注目を集めている。   そんな中で、大川隆法・幸福の科学グループ創始者兼総裁が23日、高知市の高知県立県民体育館で、「人生を深く生きる」と題して、講演を行った。   ...

  • 全国寺社に相次ぐ液体染み 司法に宗教的価値観を

    2017.04.07
    全国寺社に相次ぐ液体染み 司法に宗教的価値観を

    被害を受けた、東京都・増上寺の三解脱門。   《本記事のポイント》 神社仏閣に液体をかける犯罪が多発 警察は容疑を「建造物損壊」としているが、本来は「礼拝所不敬罪」 司法の判断にも宗教的価値観が求められる   東京都港区の増上寺で、国指定重要文化財の「三解脱門」に油のような液体がかけられているのが...

  • 清水富美加さんに見る「奴隷的な契約」 一般社会では通用しない「常識」

    2017.02.15
    清水富美加さんに見る「奴隷的な契約」 一般社会では通用しない「常識」

      女優・清水富美加さんが「幸福の科学に出家する」という話題が、連日、テレビや新聞で報じられている。   清水さんに同情的な意見や厳しい意見などさまざまだが、彼女が13日深夜にツイッターを更新、こう記した。   「出家だけではなくて 誰か ギリギリだと言った部分に隠された事 誰か 気付いてくれてますように また 一つの事実...

Menu

Language