rss

記事一覧

  • 臓器移植大国  アメリカのジレンマ  「日本は今ならやめられる」

    2004.05.06
    臓器移植大国 アメリカのジレンマ 「日本は今ならやめられる」

    2004年7月号記事 脳死の権威が次々に主張を転換 臓器移植大国  アメリカのジレンマ  「日本は今ならやめられる」      国民すべてを「ドナー候補」にする臓器移植法改正案 自民党調査会は臓器移植法の改正案をまとめ、6月中旬までの通常国会か秋の臨時国会に提出する方針だ。改正案は、現行法の柱...

  • 自殺した人の魂はどうなるのか

    2004.05.06
    自殺した人の魂はどうなるのか

    2004年7月号記事 対機説法シリーズ 人生の羅針盤第89回 幸福の科学総裁 大川隆法 『幸福へのヒント』講義(2)   自殺する人には仏法真理の知識が足りない 幸福へのヒント光り輝く家庭をつくるには 定価 1,575円(税込)著者大川隆法 ...

  • 実践!聴く技術

    2004.04.06
    実践!聴く技術

      2004年6月号記事 家庭で、職場で──  人間関係が劇的によくなる 実践!聴く技術 家族の悩みや、職場の問題解決── よりよい人間関係構築のために大切なもの、それが「聴く」技術だ。しかし、つい口をはさんで話の腰を折ってしまったり、一方的に自分の主張ばかりして気まずい思いをしたりと、これがなかなか難しい。そこで、上手に「聴く」ために必要...

  • 自殺の現状と問題点

    2004.04.06
    自殺の現状と問題点

    2004年6月号記事 対機説法シリーズ 人生の羅針盤第88回 幸福の科学総裁 大川隆法   『幸福へのヒント』講義(1)  『幸福へのヒント』は家庭問題に関する質疑応答集   幸福へのヒント光り輝く家庭をつくるには ...

  • 死んだらどうなる!?

    2004.04.01
    死んだらどうなる!?

    2004年6月号記事   『永遠の生命の世界』緊急発刊特集 臓器移植法の見直しが論議される中で改めて「脳死は人の死か」が問われている。 これは、人間の生と死についての根源的な疑問の一つといえる。 このほど発刊された『永遠の生命の世界』(大川隆法著・幸福の科学出版) で...

  • どうなる?公立の中高一貫校

    2004.03.06
    どうなる?公立の中高一貫校

    2004年5月号記事   激変する日本の教育事情 公立の中高一貫校が2004年4月で全国151校となり、身近な存在となってきた。文部科学省は私立校で行われている「前倒し学習」を公立中高一貫校にも認めるなど、学力面での強化の後押しも始めている。中高一貫は公立校復活の切り札になるか──。そのメリットやデメリットなどについて現状をレポートする。  ...

  • 失われた大陸を求めて  アトランティスの思い出

    2004.03.06
    失われた大陸を求めて アトランティスの思い出

    2004年5月号記事   伝説の大陸アトランティスを思わせる遺跡が近年、相次いで発見されている。 昨年秋の大ヒット映画「黄金の法」の舞台は再浮上したニュー・アトランティスだったが 今回は古のアトランティスの「失われた記憶」にまつわる教訓を学び現代に生かす道を探る。       「1万年前の...

  • 自閉的な人をサポートするには(後編)

    2004.03.06
    自閉的な人をサポートするには(後編)

    2004年5月号記事   対機説法シリーズ 人生の羅針盤 第87回 幸福の科学総裁 大川隆法   質 問 息子が自閉的で、社会に出ても人間関係がうまくいきません。 家族として、どのようにサポートしていけばいいのでしょうか。   宗教家の生活は引きこもりにも似ている 先月号では、「仏教...

  • 限界突破の出世術

    2004.02.06
    限界突破の出世術

    2004年4月号記事   異動の時期に考えたい  いずれだれもが無能になる!?  「ピーターの法則」を乗り越えよう  どんなに有能でも、昇進を続ければ必ずどこかで「無能」になるという「ピーターの法則」をご存知だろうか。 とりわけ、この乱気流時代においては下手な出世は、能力を超えた成果と責任を求められ命取りになりかねない。...

  • 今こそ大切な「家族の絆」  心の孤独を救うには

    2004.02.06
    今こそ大切な「家族の絆」 心の孤独を救うには

    2004年4月号記事   自殺者を減らそう!2004   どんなに世の中が変わっても、人と人が支え合う基本は、やはり家族だ。 特に、会社など外側のものに頼れない今の日本では増え続ける自殺を未然に防ぐうえでも、家族の心の絆が一層大切となる。 読者の体験から考えてみた。       ...

Menu

Language