rss

記事一覧

  • 中国「歴史カード」封印の今こそ日本は防衛を固めよ

    2008.05.13
    中国「歴史カード」封印の今こそ日本は防衛を固めよ

    2008年7月号記事 リバティ・オピニオン 胡錦濤来日 日中は歴史問題のくびきから自由になるか?   5月初めに中国国家主席として10年ぶりに来日した胡錦濤氏は、これまでの日中首脳会談で提起されてきた歴史問題を“封印”し、対日関係を重視する姿勢を鮮明にした。これで日本と中国は、歴史問題のくびきから逃れることができるのか...

  • こんな男が女の敵!

    2008.05.13
    こんな男が女の敵!

    2008年7月号記事   職場で女性に嫌われないために   「飲み会で隣の席を避けられる」「給湯室の会話が弾んでいて気になる」──。 理由は分からないけど、職場で女性に嫌われている気がする、という男性が“海より深い女の気持ち”を理解するにはどうしたらいいのか。 そこで女性が嫌う職場の男を徹底調査し、『...

  • 沖縄発  教育改革への挑戦

    2008.05.13
    沖縄発 教育改革への挑戦

    2008年7月号記事   どうする!? 学力ワースト   昨年の全国学力調査で全国最下位だった沖縄県。 それは裏を返せば、沖縄は他のどこよりも日本の学校教育の反省点と改善ポイントをはっきり教えてくれる「宝の山」だということだ。 わが子の学力向上を願う保護者たちの本音や一部の現場で始まっているユニークな実践から沖縄だけでなく、日本中の...

  • 今こそ知っておきたい「憲法入門」 その2

    2008.05.13
    今こそ知っておきたい「憲法入門」 その2

      2008年7月号記事 憲法9条が日本を滅ぼす!?   世論調査では、憲法改正が必要だと思う人は半数以上いると報じられているが、そもそも憲法は何のために改正する?なぜ日本国憲法は今まで一度も改正されなかった? シリーズ2回目の今回は、35年ぶりに違憲判決が出されるなど、再び注目されている憲法9条を中心に、プライバシー権、環境権など...

  • 仕事力を2倍に高める  3つのスキル 最終回

    2008.05.13
    仕事力を2倍に高める 3つのスキル 最終回

    2008年7月号記事 若手社員 応援企画 短期集中連載(全3回) 講師 荒巻基文 (あらまき・もとふみ) アイビジョン㈱代表取締役。産業能率大学大学院MBA講師。経営コンサルタント。イオン、ソニー、日産、東芝、マイクロソフトなど、著名企業で教え続ける人気講師でもある。著書に『仕事力を今すぐ2倍に高める技術』(幸福の科学出版)など。   ...

  • エグゼクティブになるための心得

    2008.05.13
    エグゼクティブになるための心得

      2008年7月号記事 幸福の科学総裁 大川隆法 対機説法シリーズ 人生の羅針盤 第137回 『感化力』講義⑦  エグゼクティブになるための心得   私の弁解癖を指摘した会社の上司   前回は、「環境を言い訳にして、できない理由を考えることにエネルギーを使うのではなく、勇気を持って、『どうすれば...

  • 今こそ知っておきたい「憲法入門」 その1

    2008.05.13
    今こそ知っておきたい「憲法入門」 その1

    2008年6月号記事 政治麻痺の原因は憲法のせい!?   ねじれ国会で政治が混乱しているが、そもそもなぜ衆議院と参議院がある? 首相がやりたい政策を実行しにくいのはなぜ? 答えはすべて、国の根本の仕組みを決めている「憲法」にある。施行されてから60年以上たち、矛盾も多くなっている日本国憲法について、この際じっくり考えてみる新シリーズ。第1回は、二院制や議院内...

  • 求む!外国人(2)

    2008.05.07
    求む!外国人(2)

    2008年7月号記事 あなたの仕事はどうなる? 求む!外国人(2) 頭脳移民が 経済を変える   「頭脳移民」は日本にやって来るか?   根拠不明の日本からの強制送還が頻発?   「こんなことばかりしてたら、外国人は日本に来なくなりますよ」   神戸で美術商を営むネパール...

  • 求む!外国人(1)

    2008.05.06
    求む!外国人(1)

      2008年7月号記事 あなたの仕事はどうなる? 求む!外国人(1) 頭脳移民が 経済を変える   労働力不足を補うため、移民受け入れ論議がにわかに高まっている日本だが、世界の動きはその一歩も二歩も先を行っている。起業家や大学教授、エンジニアなど高い付加価値を生む人材を移住させ、いかに自国に繁栄を呼び込むか、ということに各...

  • 養子縁組・里親制度を考える

    2008.04.13
    養子縁組・里親制度を考える

    2008年6月号記事   ~生まれてくる生命を大切に~ 少子化が叫ばれながら中絶や虐待などで幼い命が奪われている現代─── 一方で養子や里子を迎えて生きる喜びを与え合う人々がいる。 養子縁組・里親制度から親子、家族地域のつながりについて考える。 (編集部 山下格史)   「産みたい」から「育てたい」へ ...

Menu

Language