えっ!? ビル・ゲイツが哲学者だった! ─その驚きの過去世に迫る─ - 新 過去世物語 人は生まれ変わる

えっ!? ビル・ゲイツが哲学者だった! ─その驚きの過去世に迫る─ - 新 過去世物語 人は生まれ変わる

ビル・ゲイツ。1955年~。実業家、慈善家、技術者。イラスト:菊池としを

 

2020年6月号記事

 

新 過去世物語 人は生まれ変わる

 

えっ!? ビル・ゲイツが哲学者だった!

──その驚きの過去世に迫る──

 

人は、何度も生まれ変わりながら、魂を磨き、人格を向上させていく永遠の存在。
その生まれ変わりの過程は、一人ひとりの個性によって彩られた物語となる。
幸福の科学の霊査で明らかになった著名人の「過去世」をひもとけば、時を超えて輝く魂の性質が見えてくる。

 

 

 今世紀、最大のお金持ちは誰か?

 フォーブスの世界長者番付で、今、先頭を走るのはアマゾン創業者ジェフ・ベゾス。しかし、この19年間で12回も1位になった"殿堂入り選手"がいる。そう、ビル・ゲイツだ。

 この記事も彼が生み出した文章作成ソフトでつくられている。世界に与えた影響力は計り知れない。

 しかし同時に、彼ほどイメージが分かれる人物もいない。評伝などに冠される枕詞は「皇帝」。えげつない商法でライバル会社を蹴落とし、シェアを独占する「強欲」なエピソードは数多い。かたや近年は、世界最大の財団を運営する慈善家のイメージも強い。資本主義の権化か、はたまた博愛主義の旗手か─。

 謎の男・ゲイツの「二面性」を解釈するカギがある。それが、過去世だ。

 

 

ゲイツの過去世は『ユートピア』の著者!?

 幸福の科学の霊査によれば、ゲイツの過去世は近世イギリスの思想家・哲学者トマス・モアである可能性が高い。モアは『ユートピア』の著者として知られるが、実はやや誤解され、"社会主義者の先達"として旧ソ連で赤の広場の碑にも名が刻まれていた。

 そんな人物が、「世界最大の資産家」として生まれているとすれば……そのこと自体が、意味ありげだ。

 

続きは2ページ目以降へ(有料記事)

 

 

次ページからのポイント

ヨーロッパ中に衝撃を与えたモアの著作と死に様

ウィンドウズは"ユートピア"!?

技術革新と市場競争で、平和的革命を!

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2020年6月号記事  過去世物語  ビル・ゲイツ  マイクロソフト  生まれ変わり  階級社会  ユートピア  トマス・モア  慈善家  貧困  ウィンドウズ  

Menu

Language