生命と自然(2) 【HSU・木村貴好氏の連載「生命の探究に向けて」】

生命と自然(2) 【HSU・木村貴好氏の連載「生命の探究に向けて」】

 

HSU未来産業学部 アソシエイト・プロフェッサー

木村 貴好

(きむら・たかよし)1971年、埼玉県生まれ。筑波大学第二学群生物学類卒。同大学院修士課程(環境科学)修了、同農学研究科博士課程単位取得後退学。博士(農学)。応用昆虫学分野の研究を行う。農業生産法人、茨城県農業総合センター生物工学研究所を経て、2008年、幸福の科学に奉職。現在、ハッピー・サイエンス・ユニバーシティの未来産業学部アソシエイト・プロフェッサー。「自然と環境」「基礎生物B」などの授業を担当。著書に『スピリチュアル自然学概論』。

 

 

◎ハッピー・サイエンス・ユニバーシティ(HSU)未来産業学部のホームページ

http://future-industry.happy-science.university/

 

スピリチュアル自然学概論

スピリチュアル自然学概論

木村貴好著

HSU出版会

さまざまな論点から、生命は"唯物的な材料"のみでは分からないことを紹介してきましたが、今回は少し視点を変えて、「東洋では自然をどう見ていたか」を、冒頭、朱子の自然学を例に挙げて、見てみたいと思います。

 

朱子については、第5回で少し触れました。宋時代は、儒学の流れの中に霊的思想が取り入れられた時代です。朱子の自然学は「気の自然学」だと言われ、「世界はエネルギーに満ちている」ということを前提としています。

 

朱子の自然学では、形而上の「理 (イデア) 」は形而下の「一気」に現れ、一気はさらに「陰陽(気)」や「五行(質)」といった階層を持ち、全ての物質に影響を与えているという階層構造を持っています。

 

これは、プラトン哲学の「神─宇宙霊─物質」の考え方や、ルネサンス思想からシェリング哲学の「絶対者─自然霊(産み出す自然)─質料(産み出された自然)」の考え方に近いものです。また不思議なことに、「気」は、フランスの生物学者ラマルクが提唱した進化論の進化要因としての「自然」にも近いのです。

 

続きは2ページ目へ(有料記事)

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 木村貴好  生命の探究に向けて  生物  朱子  イデア  物質  プラトン  陰陽  進化論  

Menu

Language