盛り上がる米英の「UFO報道合戦」 英政府の情報公開に、米での意識調査

盛り上がる米英の「UFO報道合戦」 英政府の情報公開に、米での意識調査

写真:IU Liquid and water photo / Shutterstock.com

 

《本記事のポイント》

  • 英国防省が「UFOレポート」を近日公開
  • 米市場調査会社が「UFO意識調査」を行う
  • 日本も「UFO報道合戦」に参戦可能!?

 

UFO関連のニュースは米英で圧倒的に多く、日常的に目にすることができる。言語が同じこともあってか、相互に影響し、競い合っているようにすら見える。

 

1月には、「イギリス国防省が過去に行ってきたUFOレポートの情報をイギリス政府のサイトで近々公開する」という報道があり、"UFO界"を賑わせた。それらレポートの多くは、今回初めて公開されるものだという。

 

そのイギリスの動きに触発されたのか、2月に入ってアメリカの市場調査会社「Piplsay」が、30,741人のアメリカ国民に対し「アメリカのUFOファイルに対するアメリカ人の意識調査」を行った。結果は下記の通りだった。

 

「イギリスのUFO調査公開にエキサイトしてる?」

  • 50%が「Yes」
  • 34%が「No」
  • 16%が「関心なし」

 

「アメリカもUFO調査を公開すべき?」

  • 61%が「Yes」
  • 27%が「No」
  • 12%が「関心なし」

 

「アメリカ政府は積極的にET生命体の調査をしていると思う?」

  • 58%が「Yes」
  • 25%が「No」
  • 17%が「わからない」

 

「エリア51のエイリアン陰謀論を信じる?」

  • 39%が「Yes」で「彼らは秘密のエイリアン・ミッションを行っている」
  • 34%が「No」で「単に航空機の実験場にすぎない」
  • 27%が「わからない」

 

あなたはUFOを何だと思う?

  • 27%が「実在する(本物)」
  • 25%が「何かの見間違い」
  • 9%が「偽物」
  • 5%が「錯覚」
  • 34%が「わからない」

 

UFOを目撃したことがあるか?

  • 77%が「No」
  • 23%が「Yes」か「多分」

 

同調査は4,161人のイギリス人にも行われたが、おおむねアメリカ人と同じような結果だった。

 

このようなUFO、エイリアンに対する意識調査は定期的に行われている。

 

近年、米海軍のパイロットがUFOを間近に目撃し、衝突しそうになる"ニアミス"を起こした。パイロットはメディアでその体験を公表。記録映像も公開され、海軍がそれを本物だと認めた。米英ほか全世界に衝撃が走り、UFOは日常のリアルなものであると感じる人が増えたようだ。

 

日本では、このような記録や報道、調査がされることはない。しかし、日本のアニメや日本独自の多くの特撮ヒーローものなどを見ると、その世界観はハリウッドに劣っておらず、実は日本人も多くの人が、UFO報道を受け入れる"素地"を持っているのではないかと思われる。

 

意識調査をしてみると、面白いことになるかもしれない。さらには、自衛隊やパイロットなどが報告、記録、公表できるよう、欧米並の勇気と行動力がほしい。(純)

 

【関連記事】

2012年8月14日付本欄 宇宙人が常識になる日 - 近未来映画「神秘の法」が扉を開く

https://the-liberty.com/article.php?item_id=4766

 

2015年10月号 目を覚ませ!UFO後進国ニッポン - 宇宙人との遭遇 - マスコミが報じない真実 Part 2 矢追純一氏 vs. ザ・グレート・サスケ氏

https://the-liberty.com/article.php?item_id=10082

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

タグ: UFO  情報公開  イギリス国防省  エイリアン  アメリカ  

Menu

Language