大川隆法・幸福の科学総裁 説法回数3000回突破! 33年間、4日に1回の驚異的なペース

大川隆法・幸福の科学総裁 説法回数3000回突破! 33年間、4日に1回の驚異的なペース

今年7月、福岡で行われた御生誕祭大講演会。

 

全世界100カ国以上に信者を持つ、大川隆法・幸福の科学グループ創始者兼総裁の説法回数が9月29日、3000回を突破した。

 

この日行われた、イランの宗教的指導者だった「ホメイニ師の霊言」によって達成した。

 

幸福の科学では、1986年11月23日、大川総裁が東京都内で行った「幸福の科学発足記念座談会」を、伝道が始まった「初転法輪(しょてんぼうりん)」と位置づける。

 

これを前提にすると、単純計算で、約33年の間、4日に1回のペースで法を説き続けてきたことになる。

 

説法の多くは著作として発刊されており、31言語に翻訳。現在、発刊点数は全世界で2500書を超え、その中でも公開霊言シリーズは500書以上となっている。

 

書籍化されていることからも分かるように、3000回のうち同じ演題は1つもない。心の教えや霊的世界の真実をはじめ、政治、経済、経営、教育、科学、宇宙など、多岐にわたる説法を積み重ねてきた。

 

大川総裁はニューヨークやベルリン、デリーなど海外の主要都市、世界5大陸で説法を行っており、3000回のうち140回以上は英語による説法だ。

 

2012年6月にアフリカのウガンダで行った説法では、現地マスコミ14社が訪れ、ウガンダ国営放送と民放2局が同時テレビ中継し、生中継や後日放送を通じて、ウガンダ全土で約700万人が説法を聴いた。

 

 

トランプ大統領誕生、オバマ氏・習近平氏の本性を見抜く先見性

驚異的なのは、数だけではない。説法が持つ先見性だ。

 

30年前にトランプ米大統領誕生を予言。他にも、霊言などを通じて、米大統領就任前のオバマ氏が、実は弱腰なリーダーであること、国家主席就任前、「穏健派」と噂されていた習近平氏が、実は周辺国の侵略を狙う野心家であることなどを示し、いち早く警鐘を鳴らしてきた。

 

なお、3000回のうち、霊言・リーディングの回数は900回を超える。

 

霊言は、「人間の本質は魂であり、天上界、地獄界が存在し、死んだ後も個性を持ったまま魂は生き続け、何度も地上に生まれ変わりながら、魂修行を行う」という「霊的人生観」を教えるものであり、「あの世の証明」でもある。

 

海外では、大川総裁の説法に触れた人々から、「幸福の科学の教えは、宗教と政治、経営、科学など、いろいろなものにまたがっている。この思想で国がつくれる」などの声も聞かれる。大川総裁による説法や霊言は、日本のみならず、世界の未来をも指し示す指針であり、世界の人々を幸福へと導き続けている。

 

【関連サイト】

特設ページ:いま、目の前にある奇跡。大川隆法総裁の説法が3000回を突破!

https://happy-science.jp/news/info/10882/

 

【関連記事】

2018年10月8日付本欄 大川総裁がドイツ・ベルリンで講演 人種差別を克服して輝ける未来を拓く神の愛

https://the-liberty.com/article.php?item_id=14966

 

2016年10月3日付本欄 大川総裁がニューヨークで英語講演 大統領選を控えたアメリカの使命を語る

https://the-liberty.com/article.php?item_id=12017

 

2012年9月号 アフリカは今世紀末、世界のリーダーとなる "The Light of New Hope" 「新しき希望の光」 - 大川隆法総裁ウガンダ巡錫 6.23

https://the-liberty.com/article.php?item_id=4625

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

タグ: 大川隆法  説法  霊言  先見性    天上界  霊的人生観  

Menu

Language