「法治主義」にも違いがある - 大川隆法総裁 霊言Report 「商鞅の霊言」 「韓非の霊言」

「法治主義」にも違いがある - 大川隆法総裁 霊言Report 「商鞅の霊言」 「韓非の霊言」

 

2019年4月号記事

 

大川隆法総裁 霊言Report

 

「法治主義」にも違いがある

公開霊言「商鞅の霊言」 (2月7日収録)  /「韓非の霊言」 (2月9日収録)

 

「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現象)とは異なる。また、外国人の霊の霊言には、霊言現象を行う者の言語中枢から、必要な言葉を選び出し、日本語で語ることも可能である。 詳しくは⇒⇒⇒大川隆法のスーパー霊能力 「霊言」とは何か

 

 

「法によって国を治める」

 習近平国家主席はこのようなスローガンを掲げ、反政府勢力への監視を強化し、政敵を「腐敗撲滅」の名目で逮捕している。

「法家思想」を説いた商鞅や韓非は習氏の方針をどう見るか。

 商鞅の霊は、「法治主義とは共産党が決めたことを守ること」「法家思想とは、神がいなくてもいいようにする思想」だと語り、一部のエリートが「神」となり、庶民をコントロールすることが社会主義の理想だと開き直った。

 一方、韓非の霊は、異民族が入り乱れる中国をまとめるには、法治体制などが必要だとしながら、本当の民主主義を根付かせるには、自分の頭で判断できる国民を育てる教育が必要だと訴えた。韓非はその後、北畠親房、頼山陽、清水幾太郎などとして日本に転生し、天皇制を尊重する思想を説いた。今の中国も指導し、「中国の日本化を起こそうとしている」という。

 民主主義下の「法」は、おかしなものであれば修正が入るが、独裁体制下における「法」は、権力者の横暴を正当化する道具になりやすい。神仏の存在を信じるか否かで、「法治主義」は真逆の結果を生むことが分かる。

 

「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現象)とは異なる。また、外国人の霊の霊言には、霊言現象を行う者の言語中枢から、必要な言葉を選び出し、日本語で語ることも可能である。

詳しくは  
大川隆法のスーパー霊能力 「霊言」とは何か

 

ここに紹介したのは霊言のごく一部です。

詳しくは幸福の科学の施設で、ぜひご覧ください(下記参照)。

・幸福の科学サービスセンター Tel:03-5793-1727

 火~金/10:00~20:00 土日祝(月曜を除く)/10:00~18:00

・同グループサイトの支部や精舎へのアクセス

 http://map.happy-science.jp/まで。

タグ: 2019年4月号記事  霊言  商鞅  韓非  法治主義  習近平国家主席  腐敗撲滅  法家思想  民主主義  独裁体制  

Menu

Language