アイルランドで3人のパイロットがUFO目撃 当局が正式に調査を開始

アイルランドで3人のパイロットがUFO目撃 当局が正式に調査を開始

 

《本記事のポイント》

  •  アイルランド上空でパイロット3人がUFOらしきものを目撃した
  •  パイロット以外にも、地上から多数の目撃情報が寄せられた
  • 「エリア51」を彷彿とさせる早い情報の伝わり方

 

11月9日の午前6時47分、アイルランド上空で、航空機のパイロットがUFOらしきものを目撃し、大きなニュースとなっている。

 

各紙の報道によると、この日の朝、アイルランド南西部のケリー州で、3人のパイロットが明るい光が高速で移動するのを目撃、シャノン空港の航空管制塔に報告した。

 

最初は、ブリティッシュ・エアウェイズのパイロットが、この付近で軍事演習がないかを確認。そのようなものはないことが分かると、非常に明るい光が左方向に見え、高速で方向を変え、北に向かい消えたが、衝突するコースではなかったと報告した。

 

そこへヴァージン・エアラインのパイロットも通信に加わり、隕石か、他の何かが地球の大気圏に再突入したのではないかと語った。また、複数の同じ明るい物体が同じ軌道で入ってきたとも報告。マッハ2ぐらいの高速で11時の方向からすばやく右の方へ向かったという。さらにそこへ、ノルウェイ・エアシャトルのパイロットも報告を入れてきたという。

 

アイルランド航空局(IAA)は、少数のパイロットから報告されたこの異常なアクティビティに対し、調査を行うと発表している。

 

 

大気圏に突入する隕石は珍しくない!?

この目撃報告について、12日のアイリッシュ・イグザミナー紙の記事では、航空ジャーナリストのジェリー・バーン氏が隕石の可能性に言及している。低い軌道で大気圏に突入する隕石は珍しくないというのだ。

 

また、13日の記事でも、マンチェスター大学の天文物理学のマイケル・ギャレット教授が、「UFOというよりは、自然現象で説明可能なものも多いのでキチンと調査すべきだ」と語っている。

 

 

地上からも多数の報告が寄せられた

ところが、アイリッシュ・ミラー紙には、パイロット以外に地上から別の奇妙なものを目撃したという報告も多数寄せられたという。

 

13日の同紙の記事によると、3人のパイロットによる奇妙な光の目撃の12時間後、アイルランド南部のコークシティ上空に、住民がとても明るい光を発見。飛行機が太陽に反射しているのかと思ったが、それは移動せず左右に動きながらホバリングしていたので、おかしいと思いビデオで撮影。その後は忘れていたが、パイロットの目撃ニュースを見て新聞社に連絡した。

 

また、少し前の11月2日には、やはりアイルランド東部のカーロウ州で、非常に早い速度で音もなく移動する2つの光が目撃され、写真が送られていた。

 

 

今回注目すべきは、早い情報の伝わり方

UFO目撃といっても、多くは自然現象や見間違いであることが多く、説明不可能なものは数%程度だと言われる。

 

しかし今回は、調査の結果よりも、情報の伝わり方のほうが目を引く。

 

アイルランドの各紙だけでなく、ヨーロッパ、アメリカ、カナダ、ニュージーランドやインド他、多くの国の全国紙や地方紙にあっという間に広がった。

 

CIAがエリア51の存在を認めたり、米国防総省がUFO研究を極秘にしていた、などといったニュースのときのように、「アイルランドがにわかにエイリアン・アクティビティ"hot bed(温床)"になった」と大いに賑わっている。

 

日本の航路でも何かが起こっているのか、気になるところだ。(純)

 

【関連記事】

2018年12月号 ドイツ説法の前後に数多くのUFOが飛来

https://the-liberty.com/article.php?item_id=15028

タグ: アイルランド  UFO  エリア51  CIA  エイリアン  米国防総省  

Menu

Language