世界宇宙週間 各地でUFOも話題に

 

10月4日から10日は世界宇宙週間だ。1957年10月4日、世界初の人工衛星スプートニク1号が打ち上げられ、10年後の1967年10月10日に宇宙法が施行されたことから、国連が定めた。この期間、世界80カ国で3700を超える宇宙に関するイベントが開催され、地球のあちこちで「宇宙」が話題にのぼる。

 

そんな中、UFOとETが話題にならないはずがない。国民こぞってUFO好きと自負するオーストラリアのニュースサイト「NEWS.COM.AU」では、アメリカの娯楽サイト「Casino.org」のサイトによる過去78年間の全米のUFO目撃数とUFOを目撃する可能性(ODDS:確率を示す数値)を割り出した地図が紹介されている。

 

それによると、過去の実績から割り出された数値を元に、最もUFO目撃の"勝算"があるのはワイオミング州で、最も無いのがフロリダ州ということだ。

 

また、このサイトのトリビアによると、なんと4万人を超えるアメリカ人が、エイリアン・アブダクションに備えて保険に入っているということだ。これが本当なら調べてみる必要がある。未来産業のヒントになるかもしれない。また、なんと紀元前1440年に興味深いUFO目撃のような記録があるという。ローマ時代の軍隊も、奇妙な形の空飛ぶ物体を見たという。

 

非常に面白いサイトだが、オーストラリアのUFO調査専門家ダグ・モフェット氏によれば、UFOの調査というのは非常に厳密なものでなければならず、このマッピングがどこまで信用できるかはわからないようだ。例えば、夏は人々が外に出て空を眺める時間が長く、奇妙なものを見つける数が増えやすくなるのだ。

 

彼によると、オーストラリアは、1950年台には大きなUFO組織があり、アメリカに継ぐ第2のUFO大国だったようだ。今や、オーストラリア中にUFO団体があり、カメラを常備して常に"待機"しているウォッチャーが国中にいるともいう。「"マジで"多くのオーストラリア人がUFOに興味があって、ネットで一番検索されるトピックの1つなんだ」ということで、なんのことはないオーストラリアのUFO自慢の記事だったようだ。(純)

 

【関連記事】

2013年5月6日付本欄 宇宙人に誘拐されたら保険金 アメリカで広がる?

https://the-liberty.com/article.php?item_id=5994

 

2015年6月1日付本欄 UFOの中心地、ロズウェルの人気いまだ衰えず

https://the-liberty.com/article.php?item_id=9711

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language