日本各地でUFO出現 目撃した女性「動いている1機と、キラキラする2機が見えた」

日本各地でUFO出現 目撃した女性「動いている1機と、キラキラする2機が見えた」

7月3日、東京都大田区で目撃されたUFOらしきものの画像。(白く光っている点がUFOらしきもの)

 

日本各地で、UFOの目撃が多発している。

 

幸福の科学の二大祭典の一つ「御生誕祭」が7月4日、さいたまスーパーアリーナ(埼玉県)で開催され、大川隆法・幸福の科学総裁は、「宇宙時代の幕開け」と題した法話を行った。その前夜、法話に参加した東京都大田区在住の30代女性がUFOを目撃。動画での撮影に成功した(上写真)。

 

女性は帰宅後、自宅でリラックスしていたが、なぜか外が気になって窓を開けたところ、UFOらしきものが3機見えたという。1機は移動しており、2機はその下と右側に動かずにキラキラと輝いて存在していた。目撃者の女性は、「私自身は半信半疑で撮ったのですが、友人が『UFOじゃないか』と教えてくれました」と語る。

 

7月13日には、UFOらしきものが福島県の飯坂温泉上空に現れた。飯坂温泉の付近を歩いていた60代男性が、夕空の雲の景色が綺麗で、無造作に撮影したという。

 

男性は、「雲の黒い部分が円盤のような形をしています。雲の中に円盤が隠れているような感じでした。写真を撮った時刻は午後7時7分でした」と語る。

 

クリックで拡大
7月13日、福島県の飯坂温泉上空に現れた黒い雲。円盤が隠れているように感じたという

 

また大川総裁は7月28日、徳島県の「聖地エル・カンターレ生誕館」において、「魂の洗礼」と題した講演を行った。講演に参加した福岡市在住の50代女性は、徳島空港から福岡に帰る飛行機の中で、UFOらしきものの撮影に成功した。

 

1枚目は、細長いUFOらしきものが2つ写っており、2枚目は小さな白い点が6つ並んでいる。ただ目視できたわけではなく、偶然撮ったものだという。この女性は、これ以外にも何度もUFOらしきものを写真に収めている。

 

クリックで拡大
7月28日、徳島県の上空で撮影されたUFOらしきものの画像。左の細長いもの2つ、右の白い点6つが、UFOらしきもの

 

「宇宙時代の幕開け」「魂の洗礼」の法話の前後に、本会場付近でUFOが出現し、複数の写真が撮影されていた。後日、大川総裁が霊査を行ったところ、さまざまな星から来たことが判明している。その霊査の一部は、幸福の科学の支部や精舎で見ることができる。本記事で紹介したUFOらしきものも、その一部だったのかもしれない。

 

お問い合わせは、以下の連絡先まで。

・幸福の科学サービスセンター

 Tel:03-5793-1727 : 火~金/10:00~20:00 土日/10:00~18:00

・同グループサイトの支部や精舎へのアクセス

 http://map.happy-science.jp/まで。

 

【関連記事】

2018年9月号 「自由、民主、信仰」で地球を一つに - 大川隆法総裁講演会Report 「宇宙時代の幕開け」

https://the-liberty.com/article.php?item_id=14700

タグ: UFO  御生誕祭  宇宙時代の幕開け  魂の洗礼  聖地エル・カンターレ生誕館  

Menu

Language