2012年5月号記事

公開霊言抜粋レポート

「『財務省のスピリチュアル診断』―増税論は正義かそれとも悪徳か―」

「死ぬまでに全財産を取り上げるのが財務省の理想」

「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現象)とは異なる。また、外国人の霊の霊言の場合には、霊言現象を行う者の言語中枢から、必要な言葉を選び出し、日本語で語ることも可能である。 詳しくは⇒⇒⇒大川隆法のスーパー霊能力 「霊言」とは何か

質問者

立木秀学(幸福実現党党首)

黒川白雲(幸福実現党政調会長)

綾織次郎(「ザ・リバティ」編集長)

3月2日、大川隆法・幸福の科学グループ創始者兼総裁は、幸福の科学総合本部(東京)で、安住淳財務大臣と勝栄二郎財務事務次官、二人の守護霊を招き、「守護霊インタヴュー」を行った。

野田佳彦首相とともに「消費税増税」路線を突っ走る安住氏と、「陰の総理」とも呼ばれる財務省トップの勝氏から、増税の狙いとその本音を聞き出そうという試みだ。

財務省のスピリチュアル診断

定価 1,470円(税込)

著者 大川隆法

「財務省幕府」が税率100%を目指す - 井伊直弼(1815ー1860)が現代日本に生まれ変わっていた!? (本誌 p.36)

財務事務次官の過去世 井伊直弼とは何者か (本誌 p.40)

そもそモグラのニュース前提知識 - 財務省はなぜ強いのか? (本誌 p.38)

■「『財務省のスピリチュアル診断』―増税論は正義かそれとも悪徳か―」 - 公開霊言抜粋レポート (本誌 p.34)