2021年9月号記事

大川咲也加 副理事長 講話Report

修行者に必要な「謙虚さ」

「『女の悟り』講義─男も悟れます─」

2021年6月26日 幸福の科学 東京正心館

大川咲也加

1991年生まれ。大川隆法総裁の長女。豊島岡女子学園中学・高等学校、お茶の水女子大学文教育学部卒業。著書の発刊点数は60書を超え、多くの映画脚本、作曲、歌唱、編曲も手がける。「女の悟り」では第54回ヒューストン国際映画祭(アメリカ)ミュージックビデオ・ボーカリスト部門ブロンズ賞等、担当楽曲が複数受賞。

大川咲也加・幸福の科学副理事長 兼 総裁室長が6月26日、東京都内の教団施設で「『女の悟り』講義─男も悟れます─」と題して講話を行った。5月公開の映画「美しき誘惑─現代の『画皮』─」キャンペーンソングである「女の悟り」の歌詞の解説を通じて、悟りの道を求めていくための心構えが語られた。

咲也加副理事長は、「女の悟り」が「『女だから』って言って、人を迷わしてばかりじゃいけない」という歌詞で始まることを取り上げ、仏教で女性が修行の妨げになりやすいとされてきたことに言及。同時に、仏陀は「女性も悟れる」と認めていたとして、「心を磨いて鏡に映し出されても恥ずかしくない自分であり続けること」の大切さを語った。また、修行者の心構えとして、「謙虚さというのは、男性、女性問わず、大切にしていくべき考え方なのかな、というふうに思います」と語った。

後半では、日本では聖徳太子が女性天皇の推古天皇と共に仏教興隆の詔を出したことや、日本で最初の出家者が3人の尼だったことなどを紹介し、「割と日本は、女性が悟りを求めることがあったし、女性がその時代の先駆者となって信仰を学んでいくということもあったのかなと思います」と述べた。


咲也加副理事長歌唱の楽曲

女の悟り〔CD+DVD〕

『女の悟り〔CD+DVD〕』〔作詞・作曲〕大川隆法

〔歌〕大川咲也加 〔編曲〕大川咲也加、水澤有一

幸福の科学出版にて購入

Amazonにて購入

四国の母―数え90歳を祝して― 〔CD〕.jpg

『四国の母―数え90歳を祝して―〔CD〕』 〔作詞・作曲〕大川隆法

〔歌〕大川咲也加

幸福の科学出版で購入

Amazonにて購入


講話に関連する書籍

心を磨く.jpg

『心を磨く』

幸福の科学出版 大川咲也加著

幸福の科学出版にて購入

Amazonにて購入

小説-美しき誘惑-現代の「画皮」-200.jpg

『小説 美しき誘惑─現代の「画皮」─』

幸福の科学出版 〔原作〕大川隆法/〔著者〕大川咲也加

幸福の科学出版にて購入

Amazonにて購入