受賞トロフィーを持つ主演兼総合プロデューサーの竹内久顕。

功労賞(Merit Award)トロフィー

アウェアネス映画祭が開催された、ロサンゼルス・The Regal at LA LIVE

10月18日に日米で同時公開される映画「世界から希望が消えたなら。」はこのほど、米ロサンゼルス・The Regal at LA LIVEで開催された「アウェアネス映画祭(Awareness Film Festival)」において、「功労賞(Merit Award)」を受賞した。14日に行われた授賞式には、主演兼総合プロデューサーの竹内久顕が参加した。

今年で10年目の開催となる本映画祭には、1000作品以上の応募があったという。

同作は、スペインのマドリード国際映画祭にて外国語映画部門の最優秀監督賞を受賞し、アメリカ・サンディエゴ国際映画祭でも公式選出作品に決まった。今回の受賞も合わせると、世界6カ国の映画祭で22の賞を受賞していることになる。

本作と同じく、大川隆法・幸福の科学総裁が製作総指揮を務める映画「宇宙の法─黎明編─」は、同映画祭アニメーション部門の「審査員特別賞」を受賞しており、2年連続での受賞となった。

【関連サイト】

映画「世界から希望が消えたなら。」公式サイト

https://sekai-kibou.jp

映画「世界から希望が消えたなら。」予告編

https://youtu.be/UvyLMqmT8jk

【関連記事】

2019年10月9日付本欄 千眼美子がナビゲート 「世界から希望が消えたなら。」メイキングが解禁

https://the-liberty.com/article/16344/

2019年9月22日付本欄 映画「世界から希望が消えたなら。」が海外映画祭での22の賞を受賞 大川咲也加氏による脚本への賞も多数

https://the-liberty.com/article/16297/