10月18日に日米で同時公開される映画「世界から希望が消えたなら。」のメイキング動画が解禁となった。

同作は、スペインのマドリード国際映画祭にて外国語映画部門の最優秀監督賞を受賞し、アメリカ・サンディエゴ国際映画祭でも公式選出作品に決まった。既に世界6カ国の映画祭で22の賞を受賞し好評を得ている。

今回解禁された動画では、主人公・御祖真(みおやまこと)の秘書・藤坂沙織役を務める千眼美子が、真をはじめ御祖一家が暮らす自宅セットをナビゲートする。そのなかでは、真の娘・玉美役を演じた木下渓、真役を演じた竹内久顕も登場し、セットの説明をしていく。

動画の最後には、竹内と本作でメガホンを取った赤羽博監督のインタビューも収められている。

なお、メイキング・インタビュー映像の全編は、10月12日(土)より映画公式HPにて掲載予定だ。

【関連サイト】

映画「世界から希望が消えたなら。」公式サイト

https://sekai-kibou.jp

映画「世界から希望が消えたなら。」予告編

https://youtu.be/UvyLMqmT8jk

映画「世界から希望が消えたなら。」オリジナル・サウンドトラック

https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=2254

【関連記事】

2019年9月22日付本欄 映画「世界から希望が消えたなら。」が海外映画祭での22の賞を受賞 大川咲也加氏による脚本への賞も多数

https://the-liberty.com/article/16297/