芸能事務所は、タレント出演の拒否をちらつかせることで、テレビ局などに圧力をかけることができる。写真:J6HQL / PIXTA(ピクスタ)

2017年9月号記事

ニュースのミカタ 4

芸能

公取委が芸能事務所を調査

日本は「タレント人権後進国」!?

公正取引委員会は、大手芸能事務所が「移籍・独立をしようとした所属タレントを"干す"」行為をしていないか、調査を進めています。NHKや朝日新聞、日経新聞の一面などで報じられ、話題になっています。

昨今、SMAPやのん(能年玲奈)さん、千眼美子(清水富美加)さん、ローラさんなど、タレントと事務所との間のトラブルが相次いでいることを受けた動きです。