2015年11月号記事

書籍紹介

大川裕太 幸福の科学理事の書籍紹介。

宗教法人 幸福の科学
理事(兼)総裁室部長(兼)政務本部活動推進参謀

大川裕太

(おおかわ ゆうた) 1995年、東京都に生まれる。大川隆法総裁の三男。麻布中学校・高等学校卒業。東京大学文科一類(法学部)在学中。著書に『On My Mission 私の使命について』『大川裕太のドイツ支部・ロンドン支部 英語座談会』『理想的な受験生活の送り方』(いずれも宗教法人幸福の科学刊)など多数。

「宗教立国」講義

「減税」講義

いずれも、大川裕太著

幸福実現党刊(幸福の科学の精舎・支部で頒布)

「幸福実現党の目指すものは何か」という問いに答える大川裕太理事の著書『幸福実現党テーマ別政策集』。このシリーズについて裕太理事が自ら講義を行った。

『「宗教立国」講義』では、立党の原点にある「宗教立国」の理念を主に解説した。裕太理事は、幸福実現党の政策が「人間は、神仏によって創られた存在」という考え方に基づいていると説明。「政教分離」など宗教政党への素朴な質問にも答えた。

『「減税」講義』では、宗教の役割である「『貧』『病』『争』の解決」は、経済問題の解決とも密接につながっていると指摘。福祉国家は増税につながる点や、「減税」によって、かえって国家の税収が増えるメカニズムについても語った。

『幸福実現党テーマ別政策集』シリーズと併せて読めば、「なぜ幸福実現党が必要なのか」という疑問がみるみる解決するだろう。