佳子さまブームは、「皇室の徳」の表れ? - 『おそれながら、「佳子さまリーディング」』 - 大川隆法総裁 法話・霊言ガイド

佳子さまブームは、「皇室の徳」の表れ? - 『おそれながら、「佳子さまリーディング」』 - 大川隆法総裁 法話・霊言ガイド

 

2015年9月号記事

 

霊言

 

佳子さまブームは、
「皇室の徳」の表れ?

公開霊言『おそれながら、「佳子さまリーディング」』

2015年7月14日 教祖殿大悟館

 
「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現象)とは異なる。また、外国人の霊の霊言には、霊言現象を行う者の言語中枢から、必要な言葉を選び出し、日本語で語ることも可能である。 詳しくは⇒⇒⇒大川隆法のスーパー霊能力 「霊言」とは何か

 

本霊言では、大川紫央総裁補佐(上)、大川咲也加専務理事(中)、大川真輝理事(下)が質問者を務めた。

 

 

霊言で語られたテーマ

  • 佳子さまがICUに入られた理由
  • 将来はどうされるつもりか
  • 飛鳥時代に皇族として生まれた過去世とは?

 

 

 秋篠宮家の次女・佳子内親王が注目を集めている。その容姿端麗さのみならず、ダンスをお得意とされ、学習院から国際基督教大学(ICU)にご入学されるなど、皇室の伝統的イメージにとらわれない姿が、多くの人の心をつかんでいる。

 一方、週刊誌がアイドルさながらの報道をすることへは、「軽薄な扱われ方が皇室の尊厳を失わせる」と懸念する声もある。ご本人はどう思われているのか。

 大川総裁は、佳子さまの潜在意識である守護霊を呼び、そのお心を伺った。

 守護霊は、ご自身の奔放さを自戒する言葉を語りつつも、国民に親しまれることで「皇室を何とか立て直して、輝きを取り戻す助力になれないか」という思いを明かされた。それは、昭和天皇の「人間宣言」以降、皇室や日本の輝きが失われつつあることへの危機感によるものだという。

 霊言を受けて大川総裁は、佳子さまの美しさの奥に「徳の力」が隠れている可能性を語った。佳子さま人気は、遍く国民を愛する皇族の徳が、現代的に表れたものと言えるのかもしれない。

 

 

「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現象)とは異なる。また、外国人の霊の霊言には、霊言現象を行う者の言語中枢から、必要な言葉を選び出し、日本語で語ることも可能である。

詳しくは  
大川隆法のスーパー霊能力 「霊言」とは何か

 

ここに紹介したのは霊言のごく一部です。詳しくは幸福の科学の施設で、ぜひご覧ください(下記参照)。

幸福の科学に関するお問い合わせは

Tel:03-5793-1727 : 火~金/10:00~20:00 土日/10:00~18:00

Fax:03-5793-1713 : (24時間受付)

公式HP : happy-science.jpまで。

 

【ご支援のお願い】

1口1万円からご寄付をお受けいたします。みなさまのご支援をお願いいたします。

https://the-liberty.com/st/donate/

タグ: 2015年9月号記事  霊言  大川隆法  佳子様  秋篠宮家  天皇  ICU  過去世  

Menu

Language