アポロンが語るギリシャ神話の真実 - 「アポロンの霊言」 - 大川隆法総裁 霊言レポート

アポロンが語るギリシャ神話の真実 - 「アポロンの霊言」 - 大川隆法総裁 霊言レポート

2015年3月号記事

 

公開霊言抜粋レポート

 

アポロンが語るギリシャ神話の真実

「アポロンの霊言」

2014年12月31日 幸福の科学教祖殿 大悟館

「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現象)とは異なる。また、外国人の霊の霊言には、霊言現象を行う者の言語中枢から、必要な言葉を選び出し、日本語で語ることも可能である。 詳しくは⇒⇒⇒大川隆法のスーパー霊能力 「霊言」とは何か

 

 

 オリンポス十二神の一人であり、ゼウスの息子とされるアポロン。芸術・芸能の神であり、太陽神としても知られる。月の女神アルテミスの霊言に続き、アポロンの霊言が収録された。

 

 

ギリシャ神話を「検証」する

 アルテミスの霊言では、アポロンとの関係について、双子というより夫婦のような関係だという示唆があった。この点についてアポロンの霊にも尋ねたところ、「太陽と月だから双子にしたということだと思う。縁が深い関係だが双子という意識はない」と、神話の定説を否定。

 夫婦かどうかという点については、「そういうことはあるかもしれないし、ないかもしれない」と明言を避けた。太陽と月は一緒に活動することはないので、「反対のものでペア」という意味では、神話的には双子とも夫婦とも言えるのではないかと、神話が生まれた背景を説明した。

 またギリシャ神話では、商売の神とされるヘルメス神はオリンポス十二神の一人で、ゼウスの息子とされているが、幸福の科学の霊査では、ヘルメスはゼウスより何百年も先に生まれていたことが明らかになっている。

 アポロンの霊も、ヘルメスはゼウスの時代には、霊界からの使者として啓示を送っていたと明言。神話ではゼウスとヘルメスが二重映しのようになっているが、「ヘルメスの偉大な面がゼウスに吸収されているところがある」と指摘した。さらにヘルメスは、ギリシャの神々に多い"女性スキャンダル"がなく、仏教的でストイックな部分があったと語った。

 ギリシャ霊界と日本の霊界についても言及し、西洋と東洋と場所は違えども、八百万の神々といわれるほど多数の神が活躍し、同じような使命を持っていたという点で、ギリシャと日本の霊界はつながりが深いことをほのめかした。

 

 

アポロンの霊的な役割とは

 アポロンの霊は、死後、天国からソクラテスに「神託」を降ろしたことも明かした。他の神々も関わってはいるが、哲学的で詩的な部分やイデア論については、自らが指導していたという。

 自らは女神よりも美しい男神であり、イデアの本質であると述べ、地上の人々はもっと美しいものを愛し、求めていくべきであると訴えた。

 他にもアポロンの霊は、ゼウスが死後、自らにインスピレーションを降ろしたかのように書かれた『黄金の法』の記述の修正を要求し、ヘルメスの子とされるエロスとの霊的つながりについても触れた。

 ギリシャ神話の奥の深さを垣間見ることができる霊言となった。

 

 

「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現象)とは異なる。また、外国人の霊の霊言には、霊言現象を行う者の言語中枢から、必要な言葉を選び出し、日本語で語ることも可能である。

詳しくは⇒⇒⇒
大川隆法のスーパー霊能力 「霊言」とは何か
 

 

ここに紹介したのは霊言のごく一部です。詳しくは幸福の科学の施設で、ぜひご覧ください(下記参照)。

幸福の科学に関するお問い合わせは

Tel:03-5793-1727 : 火~金/10:00~20:00 土日/10:00~18:00

Fax:03-5793-1713 : (24時間受付)

公式HP : happy-science.jpまで。

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

タグ: 2015年3月号記事  大川隆法  霊言  アポロン  ギリシャ神話  ゼウス  ヘルメス  

Menu

Language