映画「世界から希望が消えたなら。」初登場第4位 受賞数も23冠に増加

映画「世界から希望が消えたなら。」初登場第4位 受賞数も23冠に増加

 

日本・アメリカ・カナダで18日に同時公開された映画「世界から希望が消えたなら。」が、公開初週の土日2日間で、動員数10万2,718人、興行収入1億2,900万1,200円を記録した。

 

興行通信社が発表する週末動員ランキングでは、話題作が多い中、初登場第4位にランクイン。初日を含めた3日間の興行成績は、動員数13万7,876人、興行収入1億7,340万6,850円を収め、大ヒットのスタートを切った。

 

SNS上では、「映画に込められた意味が奥深すぎてめっちゃ感動……!」「冒頭から引き込まれた」「今生きていることの奇跡と愛を強く感じた」「涙腺が崩壊した」などといった感想が溢れている。

 

ぴあ映画生活が実施する「初日満足度ランキング」では、満足度91.7の第4位を獲得し、邦画実写映画の中では第1位となった。また、ユナイテッド・シネマ系列劇場での週末動員ランキングも、第1位を獲得した。

 

さらに、アメリカ・サンディエゴ国際映画祭において、本作はこのほど、「ワールド・プレミア賞」ノミネート作品の1つに選出された。同上映会や授賞式の様子を紹介した動画も解禁され、映画祭に招待された出演者の木下渓さんは、「この映画を観て光を持って帰ってほしい」と熱く語っている。

 

【速報】映画『世界から希望が消えたなら。』 サンディエゴ国際映画祭 ワールド・プレミア

 

本作は、ゴールデン・アース映画祭2019においても、9月度の脚本賞受賞を新たに受賞し、海外6カ国の映画祭で合計23の賞を獲得する快挙を果たしている。

 

脚本を手がけたのは、大川隆法・幸福の科学総裁の長女・咲也加氏で、これまでにイタリアのフローレンス映画祭で7月度脚本賞を、チリのザ・サウス芸術映画祭で8月度長編部門名誉脚本賞を受賞するなど、作品の良し悪しを大きく左右する脚本が世界で評価されている。

 

【関連サイト】

映画「世界から希望が消えたなら。」公式サイト

https://sekai-kibou.jp

 

映画「世界から希望が消えたなら。」予告編

https://youtu.be/UvyLMqmT8jk

 

【関連記事】

2019年10月19日付本欄 映画「世界から希望が消えたなら。」の初日舞台挨拶で豪華キャストが集結

https://the-liberty.com/article.php?item_id=16372

 

2019年10月9日付本欄 千眼美子がナビゲート 「世界から希望が消えたなら。」メイキングが解禁

https://the-liberty.com/article.php?item_id=16344

 

2019年10月16日付本欄 公開直前の映画「世界から希望が消えたなら。」が米ロサンゼルス・アウェアネス映画祭で受賞

https://the-liberty.com/article.php?item_id=16363

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

タグ: 世界から希望が消えたなら  映画祭  ランキング  大川咲也加  サンディエゴ  竹内久顕  千眼美子  

Menu

Language