幸福実現党 及川幸久外務局長が参院選出馬表明 「みんなで気持ちよく税金を払う国へ」

幸福実現党 及川幸久外務局長が参院選出馬表明 「みんなで気持ちよく税金を払う国へ」

街頭演説をする及川氏。

 

及川幸久・幸福実現党外務局長がこのほど、参院選全国比例区への立候補を表明した。幸福実現党は現時点で12人を擁立している。

 

 

及川氏は出馬表明にあたり街頭演説で、「日本の社会の中で、いわゆる弱者と呼ばれている人たちのための政策を訴えたい」と語った。

 

訴えの要旨は以下の通り。

 

  • アメリカでは経済が絶好調。トランプ政権になってから、ジョブクリエーションで雇用が増えている。特に、アメリカの黒人・ヒスパニック・女性といったマイノリティーの雇用が増えている。障害者の雇用は史上最高。

 

  • かつてケネディ大統領は自身の妹が障害者だったこともあり、「アメリカを、障害者であっても税金を納められる国に変えたい」と述べた。

 

  • 重度にもよるが、障害者でも働ける仕事はある。昨年、中央省庁で障害者雇用数を水増ししていたことが明らかになり、今年6月に「障害者雇用推進法」が改正されたが、民間で障害者の雇用を推進して、障害を持っていても税金を納められる社会を目指したい。

 

  • 障害者の人とも一緒に働いて、日本の経済を盛り立てて、みんなで気持ちよく税金を払っていく国に変えたい。

 

幸福実現党は、障害を持つ人も幅広く社会に参加できるよう支援し、社会に貢献する生きがいと、税金を納められる喜びを感じられる国づくりを目指している。

 

【関連サイト】

幸福実現党 公式サイト

https://hr-party.jp

 

【関連記事】

2019年7月号 【政策比較】参院選のミカタ 政党の「思想」を比べたら未来が見える

https://the-liberty.com/article.php?item_id=15792

 

2019年6月22日付本欄 【動画】参院選 幸福実現党・釈量子党首が出馬会見 「党首討論で外交・安保に言及なし。ふざけているのか」と苦言

https://the-liberty.com/article.php?item_id=15902

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

タグ: 幸福実現党  及川幸久  外務局長  参院選  出馬表明  税金  

Menu

Language