2019参院選「次の日本」を選ぶ - 給料を上げる政党、下げる政党 Part.2 政教分離は "馬鹿馬鹿しい"こと

2019参院選「次の日本」を選ぶ - 給料を上げる政党、下げる政党 Part.2 政教分離は "馬鹿馬鹿しい"こと

外交評論家 加瀬英明 / 幸福実現党外務局長 及川幸久

 

2019年8月号記事

 

2019参院選

 

「次の日本」を選ぶ

給料を上げる政党、下げる政党

 

参院選に向け、各党が活動を活発化させている。 そのうち、幸福実現党は党公認の地方議員が35人となり、国政で初議席を確保できるか、注目される。

経済・外交・安全保障の専門家に、同党の政策について意見を聞いた。

 


contents


 

Conversation

 

政教分離は"馬鹿馬鹿しい"こと

 

「日本が世界のリーダーになるために」というテーマで、外交の専門家と幸福実現党の外務局長が対談した。

 

 

加瀬英明(かせ・ひであき)

1936年東京生まれ。慶應義塾大学、エール大学、コロンビア大学で学ぶ。「ブリタニカ国際大百科事典」初代編集長。1977年より福田・中曾根内閣で首相特別顧問を務めた。近著に『グローバリズムを越えて自立する日本』(勉誠出版)。

 

及川幸久(おいかわ・ゆきひさ)

幸福実現党外務局長、作家。YouTuberとしてYouTube番組「及川幸久の潜在意識チャンネル」を配信中。国際政治コメンテーター。近著に『より良く生きるヒントとしての 潜在意識活用講座』(幻冬舎ルネッサンス新書)がある。

 

 

及川氏(以下、及): 対談テーマは「日本が世界のリーダーになるために」です。先生のご著書にあるように、これまで国家意識をなくすグローバリズムが世界を支配してきました。

加瀬氏(以下、加): アメリカではオバマ政権までグローバリストの天下でした。大企業が利潤を上げるために中国に進出し、国内の製造業は廃れ、都市と地方が分断されました。グローバリズム社会では、人々はお金を崇拝し、ナショナリズム(愛国心)は消えていきます。

: たしかにグローバリズムが進むと、国家や伝統、歴史などは重視されなくなりますね。

: そして祭壇には、十字架でも仏像でもなく、個人が祀られるようになるわけです。

: しかしトランプ氏が現れて、アメリカは変わりつつあります。

: 地方に残る「古きよきアメリカ」の精神が、ニューヨークなどの都市部のグローバリズムを巻き返したのです。

 

次ページからのポイント

大嘗祭のコストカットは必要?

新憲法に「和の精神」を

政教分離はおかしい

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2019年8月号記事  参院選  選挙  著名知識人  加瀬英明  及川幸久  大嘗祭  新憲法  政教分離  

Menu

Language