映画「世界から希望が消えたなら。」 2019秋公開が決定!!

映画「世界から希望が消えたなら。」 2019秋公開が決定!!

 

 

「人は誰しもが死に直面すると、希望を捨ててしまう。しかしこんな時だからこそ、自分にできることややり残したこと、まだこの世界に貢献できることは無いか?」

 

誰も体験したことがない奇跡と感動ストーリーの映画「世界から希望が消えたなら。」が、2019年秋に公開されることが決定した。

 

幸せな日々を過ごしていた矢先、病が突如として襲い掛かる。この世界に自分がいなくなったら? 無情にも医師から死の宣告を告げられた男が、いま、決意と使命を胸に立ち上がる――。

 

主演を務めるのは本作が映画初主演となる竹内久顕(たけうち・ひさあき)。ベストセラー作家であり出版社の経営者でもある御祖真(みおや・まこと)を熱演し、余命宣告を受けながらも自分にあたえられた使命を全うしようとする難役に挑戦した。

 

御祖真の秘書・藤坂沙織(ふじさか・さおり)役を務めるのが、千眼美子(清水富美加)。今作が女優復帰後実写作品3作目で、現在全国にて大ヒット上映中の「僕の彼女は魔法使い」では復帰後初の主演を好演し、作品も初登場第3位を飾るなど、復帰してなお女優としての輝きに更なる磨きがかかる。

 

真の妻・御祖磯子(みおや・いそこ)役を務めるのが、さとう珠緒。映画出演は「白鳥麗子でございます! THE MOVIE」(16年)以来となる。石橋保、芦川よしみ、木下渓など、物語に彩りを添える豪華キャスト陣にも注目だ。

 

監督は、社会現象を巻き起こした反町隆史・松嶋菜々子主演の「GTO」などヒット作を数多く手がけた赤羽博氏。公開決定情報解禁に合わせ、赤羽監督よりコメントも寄せられている。

 

「そう簡単にはないストーリーなので、かえって非現実で、あり得なく見えるかもしれません。しかしながら実はそのただ一つのケースが、普遍性のある現在のヒーロー物語となっているのです。絶望の淵から『公』の意識に目覚め、自分の使命の為に今の栄光も捨て、愛する者たちとも別れ『死』をも乗り越えて行く姿が、現在社会に生きる人々へ、愛と感動を与える物語となれば幸いだと思います」

 

『世界から希望が消えたなら。』

【公開日】
2019年秋ロードショー
【製作総指揮・原案】
大川隆法
【スタッフ】
監督/赤羽博
音楽/水澤有一
脚本/大川咲也加
【キャスト】
出演/竹内久顕、千眼美子、さとう珠緒、芦川よしみ、石橋保、木下渓
【製作】
幸福の科学出版
製作協力/ARI Production、ニュースター・プロダクション
制作プロダクション/ジャンゴフィルム
【配給等】
配給/日活 配給協力/東京テアトル
©2019 IRH Press

 

https://sekai-kibou.jp

 

【STORY】

ベストセラー作家であり、自ら出版社を経営している御祖真。妻や3人の子供にも恵まれ充実した日々を過ごしていた彼には、誰にも言えない"秘密"があった。そんなある日、帰宅途中に胸の苦しみを感じた真は、外の空気を吸うために送迎車から降り、庭園を散歩する。そこでは結婚式が行われていた。娘の将来の花嫁姿を思い浮かべた矢先、激しい心臓発作に襲われその場に倒れてしまう。意識を失いかけた真の手には、トルストイ著『復活』が握られていた。緊急搬送された病院で医師から告げられたのは、無常にも"死の宣告"だった。

 

【関連記事】

2019年2月22日付本欄 「誰かを笑顔にできれば、あなたはもう魔法使い」 映画「僕の彼女は魔法使い」舞台挨拶 初主演・千眼美子ら登壇

https://the-liberty.com/article.php?item_id=15457

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

タグ: 赤羽博  世界から希望が消えたなら。  竹内久顕  千眼美子  さとう珠緒  石橋保  

Menu

Language